--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_06
05
(Mon)17:53

マミさんVS杏子ちゃんー本編ー



学校&バイトでなかなか更新が不定期で申し訳ありません(泣)

数名の方から更新してほしいとのお声を頂きありがとうございます!


さて


本日は

本編の鍵つき

を公開しようと思います!

こちらの鍵付の日記は

フレンド・ブロ友・ブロ友のIDを抜いた ハッキング(クラッキング)業者

しか見えなかった内容になりますb

今ハッキング(クラッキング)被害が非常に増えております

実際私達のブロ友もその被害を受けました!

私達が知っているハッキング(クラッキング)業者の特徴をリンク一番上の


必見注意事項「ハッカー(クラッキング業者)対策」


に、記載してありますので

見ていない方いましたら目を通してくださいね♪




話を戻し本日の日記の流れは

前の日記で KiritoVSディスフィロア の戦いでナルビクフリマに移動したと思います

魔法少女達も同時に別行動をしていますので

魔法少女達の動きを

本日書かせてもらいました!!


では!!


続きを見るをクリックしてゆっくりしていってくださいね♪



第二章00055x

巴マミ「いくわよ~♪」

佐倉杏子「へっあたらねぇぜ!」




佐倉杏子「今度は私からいくぞ!」

第二章00056-0x


巴マミ「フフフ♪」

佐倉杏子「ちくしょー!なら!」


杏子ちゃんが槍に集中し始めた!

すると!!!

第二章00056-1x


杏子ちゃんの槍が大きくなったーーー!

佐倉杏子「いけーーー!」



第二章00056-2x



巴マミ「フフフ♪」

巴マミ「次は私から行くわよ~?」


マミさんが空高く飛び上がった~~!!!!

佐倉杏子「こい!!!!」

第二章00056-3x




巴マミ「ティロ・フィナーレ!!」


内なる暁美ほむら「え・・・・・・練習試合・・・?本気じゃない?これ・・・」


マミさんが打った瞬間!!!!!!!

第二章00056-4x



飛んできた氷河にぶつかった~~~!!!

巴マミ「!?」

佐倉杏子「!!!???」

美樹さやか&鹿目まどか「え!!!!!!!!」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・」

巴マミ「佐倉さん・・・・こんな技を持っていたなんてすごいわ♪」

佐倉杏子「へっ!!!!」

佐倉杏子「これが私の実力だ!!!!マミ!!!」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

佐倉杏子「私からいくぞ!マミ!」

巴マミ「えぇ♪いつでも良いわよ♪」



第二章00056-6x


佐倉杏子「いくぞーーーーー!」


巴マミ「♪」



第二章00056-7x

佐倉杏子「たぁーーーーー!」

巴マミ「当たらないわよ~?♪」

巴マミ「私からいくわよ~!」

第二章00056-8x




銃を連続射撃キターーーーーーーーー!


佐倉杏子「へっ やるじゃないかマミ!」

佐倉杏子「これは避けれるかな?」



第二章00056-9x

技の準備をしだす杏子ちゃん!

巴マミ「いつでもよろしくてよ!」

第二章00056-10x


佐倉杏子「いけーーーーーーーー!」

巴マミ「フフフ♪」

佐倉杏子「くっ!!!!」

巴マミ「今度は私からいくわよ~♪」

第二章00056-11x

連続射撃キターーーーー!


佐倉杏子「へっ あたらねぇぜ!」

後ろには・・・


Kirito偏のバトルが繰り広げている・・・


内なる暁美ほむら「・・・・・・・よくこの状態で練習試合できるわね・・・」

と内心思っていました・・・

巴マミ「行くわよ!佐倉さん!」

高くジャンプしたマミさん!

第二章00056-12x

佐倉杏子「こい!マミ!」

マミさんの連続射撃キターーーーーーーーー!!!


すると・・・・



Kirito偏の会場から


第二章00056-13x


火炎放射が!!!!!!!!!!!!!!!

巴マミ「キャーーーーーーーー!」


佐倉杏子「!!!????」


巴マミ「危なかったわ・・・・」



巴マミ「やるわね 佐倉さん♪あんな攻撃方法があったなんて・・・」


佐倉杏子「ん?」

佐倉杏子「!!あぁ!見たか!!!これが私の実力だ!!!」


暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・」


巴マミ「私から行かせて貰うわよ!」

佐倉杏子「こい!」

そして・・・

次の瞬間・・・


第二章00056-14x

ズドーーーン!!!!!!!!!!


もの凄い地震が発生!!



Kirito偏の流れ玉が飛んできたーーー!

佐倉杏子「おっと~・・・」

回避する杏子!


内なる暁美ほむら「良くこの状態で・・・・できるわね・・・」

佐倉杏子「私からいくぜ!!!」

第二章00056-15x

巴マミ「フフフ♪」

佐倉杏子「てや!てや!」

巴マミ「当たらないわよ♪」


そして

第二章00056-16x

体制を整える二人!


鹿目まどか「えっとぉ・・・・何て言うか・・・・すごく寒い気がするの・・・」

鹿目まどか「・・・・私の体がおかしいのかな・・・?」

美樹さやか「あんな 熱い試合を見てるから 誰だっておかしくなるわよ~」

鹿目まどか「だ、だよね・・・・」

美樹さやか「まぁ 私達はマミさん達の試合に集中しよっか~」

鹿目まどか「うん そうだよねぇ・・・マミさん達が頑張って練習してるんだから私も見習わなきゃね♪」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・・・・」

暁美ほむら「面白いから 黙っておこうかしら・・・」



そして 遠くの方から来る黒い影が!

アインズ「何かさっきから ここら辺の様子がおかしいな・・・」

アインズ様登場!!!!!


そして!!




悲劇が!!!


Kirito偏 のディスフィロアの攻撃が直撃する!!!!!


第二章00056-17x


アインズ「ぐうおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおお」


・・・・・・・・・・・・・・・・・


ドゴ~~~ン!!!


第二章00056-18x



アインズ「ぐうおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおお」


アインズ様が飛んでいったああああああああああ!!!


その頃魔法少女達は!

巴マミ「やるわね!佐倉さん!」

佐倉杏子「マミ!やるじゃねぇか!」

鹿目まどか「二人とも頑張って~!」

美樹さやか「へ~やるじゃん♪」


みんなアインズ様飛ばされたの!!!!気が付いてない~~~!!!!

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・」

暁美ほむら「フッ」



一名気が付いていた・・・・・




次回に続く~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。