--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_05
20
(Sat)12:47

影の主人公Kiritoの熱き戦い!

本日は

本編

を公開しようと思います!


今ハッキング(クラッキング)被害が非常に増えております

実際私達のブロ友もその被害を受けました!

私達が知っているハッキング(クラッキング)業者の特徴をリンク一番上の


必見注意事項「ハッカー(クラッキング業者)対策」


に、記載してありますので

見ていない方いましたら目を通してくださいね♪




話を戻し本日の日記の流れは

前の日記で KiritoVSディスフィロア の戦いでナルビクフリマに移動したと思います

その後の戦いぶりを

本日書かせてもらいました!!


では!!


続きを見るをクリックしてゆっくりしていってくださいね♪
第二章00034-51


Kirito「魔法少女達の邪魔をさせねぇ!!!!!」

熾凍龍ディスフィロア

に再度立ち向かう Kirito

Kirito「・・・・・・・・・・・・」

Kirito「来る!!!!!!!」



第二章00034-52

一瞬のうちに 氷の柱が!!!

Kirito「くっ!!!」


そして!!!


即 熾凍龍ディスフィロア は 体勢を立ち直し!!!



第二章00034-53


魔法少女のいる場所に目掛け 隕石を降らしてきた  !!!!!!


Kirito「くっ!!!!!!!!!」

Kirito「行かせるか!!!!!!!」

Kiritoはとっさに魔法を唱えた!



そして 次の瞬間!!



Kirito「間に合ってくれー!!!!」

Kirito「チャージ完了!!!」



第二章00034-54




Kirito「バリア!!!!!!!」


熾凍龍ディスフィロア「!?」


Kirito「俺が相手と言ってるだろう?」


そして!

第二章00034-54-5



熾凍龍ディスフィロア

が 隙を見て  魔法少女  がいる本編の場所に 火炎放射!!!



Kirito「しまった!!!!!!」


遠くの方から


巴マミ「キャーーーーーーーー!」


佐倉杏子「!!!????」

巴マミ「危なかったわ・・・・」



巴マミ「やるわね 佐倉さん♪あんな攻撃方法があったなんて・・・」


佐倉杏子「ん?」

佐倉杏子「!!あぁ!見たか!!!これが私の実力だ!!!」




まだ 気が付かず練習試合をしている様子・・・平和だ・・・


その時Kiritoは!!!

Kirito「あぶねぇーーーーーー!」

熾凍龍ディスフィロア

の体当たりをうけていた・・・!


第二章00034-55


素早い動きで回避!!!!!!!


熾凍龍ディスフィロア

が 体勢を整え 攻撃する構えを見せた・・・


Kirito「・・・・・・・・・・・・・・」

Kirito「来る!!!!!!」



第二章00034-56


一瞬のうちに ナルビクフリマ が氷河に!!!!!!

Kirito「くっ!!!!」


その頃   魔法少女達

鹿目まどか「えっとぉ・・・・何て言うか・・・・すごく寒い気がするの・・・」

鹿目まどか「・・・・私の体がおかしいのかな・・・?」

美樹さやか「あんな 熱い試合を見てるから 誰だっておかしくなるわよ~」

鹿目まどか「だ、だよね・・・・」

美樹さやか「まぁ 私達はマミさん達の試合に集中しよっか~」

鹿目まどか「うん そうだよねぇ・・・マミさん達が頑張って練習してるんだから私も見習わなきゃね♪」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・・・・」

暁美ほむら「面白いから 黙っておこうかしら・・・」



平和な 魔法少女達・・・・



その頃 Kiritoは!!



第二章00034-57


Kirito「何て早さだ・・・・・・・」

Kirito「だが 俺は!!!魔法少女達を守りたい!から戦うんだ!」



熾凍龍ディスフィロア


に立ち向かうKirito!!!


今後どうなるのか!


次回に続く~~



さて 今日の日記はこれで終わります~!

わざわざ 私達のブログに見に来てくれてありがとうございます(ペコ

また見に来てくれたら嬉しいです♪


ではお疲れ様です~ノ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。