2017_05
16
(Tue)18:09

獣の巨人の襲撃!!撤退する調査兵団!

本日は!

巨人編をやろうと思います~!

あの、謎の紅茶を飲んで追加ダメージをうけた

エレン・ミカサ

追いかけてくる 奇行種の獣の巨人!

四人はどうなるのか!

その続きを書かせてもらいました♪

読む前に~

今ハッキング(クラッキング)が多発しております

私達が知っている ハッキング(クラッキング)業者の特徴をリンク一番上の

必見注意事項「ハッカー(クラッキング業者)対策」


に、記載してありますので

対策の為目を通してくれると嬉しいですb


さて、では!!


続きを見るをクリックして

ゆっくりしていってくださいね♪



ドシン・・・

ドシン・・・


0047.jpg

鹿目まどか「こっち向かって歩いてくるよ~!」

巴マミ「えぇ~!」


鹿目まどか「エレン!!ミカサさん!!」

ミカサ「大丈夫よ・・・」

エレン「あぁ・・・此処は戦場だ!こんな所で倒れてられねぇんだよ」

ミカサ「えぇ、よく言ったわエレン」

巴マミ「ミカサさん・・・・エレンさん・・・」

鹿目まどか「すごい・・・でも、無理だけはしないって約束して!」


ドシン・・・・・・・・・

ドシン・・・・・・・・・



ミカサ「エレン!行くわよ!!」

エレン「あぁ!」

巴マミ「みんな!早く脱出を!」


鹿目まどか「えぇ!マミさん!」

ミカサ「エレン!捕まって!」

エレン「あぁ、すまないミカサ」


そして四人は建物の上にのぼった

0048.jpg

ミカサ「この巨人・・知性を持っているわね」

エレン「そ、そうだな・・」

巴マミ「向こうに見える 天空の塔  にひとまず逃げましょう!」

ミカサ「えぇ」

エレン「あぁ分かったよ!」

鹿目まどか「はい!マミさん!」


近づいてきた巨人

ドシン・・・

ドシン・・・



そして!!!!!

巴マミ「みんな~~~~~!!!!全力で避けて~!」

マミさんが言った瞬間!


ズド~~~ン!

0049.jpg

鹿目まどか「キャーーーーー!」

巴マミ「凄い風圧だわ!!!」

エレン「くっ、なんつうパワーだ!」

ミカサ「・・・・・」


0050.jpg

無事天空の塔に到着した四人

すると

新しい援軍が

???「お~い!みんな~!」

奇行種、獣の巨人に遭遇した四人に新たな援軍が!

それはいったい誰だったのだろうか

つづく~
スポンサーサイト