--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_04
26
(Wed)00:42

進撃のマミさん!輝け!トライフォース!!


この日記を見る前に!

リンク一番上にある

必見注意事項「ハッカー(クラッキング業者)対策」

を読んでいない方まだいらっしゃいましたら

それを読んでから今日の日記を読んでくれたら嬉しいですb

それでは!


昨日の幻想日記~

幻想日記と言いましても・・・・

新キャラにログインしたのは良いのですが

軽くクエをやって~

学校の勉強しなきゃいけなかったので・・・

全然プレイしていませんでした~・・

今日もINできるかなぁ・・

INできたらINしますので!


お世話になってるギルドの皆様INした時はよろしくお願いします~! 


では、続きを見るをクリックして ゆっくりしていってくださいねb


マミさんが休める場所を発見し!!

0039-0-1.jpg


イザ巨人の中を突っ走る~!

巴マミ「いくわよ~!!!」

巨人「ぐぉぉぉおおおおおおお」

巴マミ「みんな~待っててね!!!」


エレン「ん?」

巨人「・・・・・・・・・・」エレンの真後ろに

巨人「・・・・」←エレンに向かって手を伸ばす

エレン「巴マミ何処に行く!?単独行動は危険だ!!」←気がついてないエレン

ミカサ「エレン!!」


エレン「は?」

巨人「ぐぉぉぉおおおおおお」

気がついたミカサがエレンの後ろを切る!!

エレン「助かったミカサ!」

ミカサ「巴マミには何か考えがあるのよ、私達は黙って前に進めばいい」

鹿目まどか「危ない二人とも!」


巨人「ぐぉぉぉおぉおおおおお」


鹿目まどか「セーフ♪」

エレン「助かった!」

ミカサ「ありがと」

鹿目まどか「えへへ♪」

鹿目まどか「マミさんはきっと大丈夫!私達はとにかく生き残らなきゃね!」

エレン「あぁ!」

ミカサ「えぇそうね」


その頃マミさんは


0039-1.jpg

巴マミ「あの誘導の塔からの方角ならこっちの方ね!」

巨人「ぐぉぉぉぉぉおおおおおおおお」

巴マミ「なるほど・・・・簡単に通らせてくれないみたいね?」

巴マミ「いいわ、まとめて相手をしてあげる。立ち塞がるのなら、時の剣マスターソードであなた達のうなじを切り落としてあげるわ!」


0039-2.jpg

巴マミ「フックショットをセット!、いくわよー!!!」

巨人「ぐぉぉおおおおおお」

巴マミ「!!」


何と巨人がマミさんを掴みにかかった~!

巴マミ「ふふっ・・あまいわね♪」

フックショットをうまく使い!

0039-3.jpg


巨人の束縛攻撃から脱出!!

巴マミ「さぁ~!」

巴マミ「反撃は此処からよ!」

巴マミ「お願いトライフォス!私に力を貸して!」


0039-1-0.jpg

トライフォースの魔力によって、体の周囲の重力を操作!そして巨人の上に移動するマミさん!!

0039-4.jpg

巴マミ「これ以上は邪魔させないわ、トライフォースの力と時の剣マスターソードが合わされば、この剣に切れないものなど無いのよ!!」

0039-1-2.jpg

巴マミ「今から貴方達のウナジを一匹ずつ殺いであげるわ!覚悟しなさい!」

マミさんは今後どうなってしまうのでしょうか!


つづく~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。