2017_04
19
(Wed)19:30

あなたの心にディバインバスター!

幻想日記書きます~

メインクエを進めています~!

hjertertertertert.png

雪のステージのこのクエが難しい・・・

8回目でやっとクリヤー!

このクエ別キャラでもやりましたが全然・・・難しいです!(キリッ

その後コンドルに行きました~

earyewqrterterterter.png

やはり・・・囲まれると痛いです~!!!

コンドルあたりになると・・・

敵の攻撃が痛くなりますよね・・・(ガクガク

その後今の私は何処まで狩れるか試しでID巡りを行ってみましたb

asefgyerterterterter.png

幻想日記はこの辺で終わりにしますb

さて、今日は マミさんの回想の続きから書こうと思いますv

続きを見るをクリックしてゆっくりしていってくださいね♪

巴マミ「これと、これと、これと・・・・・」(5分くらい注文をし続けたマミさん)

QB「それにしても、凄い買いこんだね巴マミ」

QB「ショップの商品が半分なくなったことだし、仕入れにいかないといけないなぁ」

巴マミ「それじゃ♪、お会計だけどお願いできるかしら?QB♪」


0038-7.jpg


QB「お支払いありがとう、巴マミこれから何処にいくんだい?」

巴マミ「鹿目さんから呼ばれているのよ~♪そろそろ行かないと」


巴マミ「ワープシステム発動!」

QB「なんだい?その光、訳が分からないよ」

0038-7-1.jpg


ファヴ「登場だぽん!僕は魔法少女を育成する為に作られた特別なアプリなんだぽん、インキュベータは僕と契約している魔法少女に手を出さないでほしいぽん」

QB「君は何を言ってるんだい?その魔法少女は僕と契約したんだ」

巴マミ「二人とも喧嘩しないの♪ワープを手伝ってくれるって言うから契約したのよ♪」

巴マミ「二人とも仲良くしてね♪」

QB「訳が分からないよ」

ファヴ「同じなんだぽん」


0038-8.jpg

巴マミ「あら?一番下に・・私を指定している結界があるみたいだけど・・何かしら・・」

ファブ「その男はほっとけばいいぽん」

巴マミ「えっと~鹿目さんが開いてくれたゲートは・・・」


ファブ「ウォールティルズと言うところにいるぽん」

巴マミ「あった♪ウォールテイルズよね」

巴マミ「じゃあ、行きましょうか」

ファヴ「転移開始だぽん!」


その後取り残されたQBは

QB「何でファブがこの世界に居たんだろう。訳が分からないよ」

<巴マミの回想終了>

巴マミ「と、こういう事が起きていたのよ♪」

鹿目まどか「そうなんだ~♪」

巨人「ぐおおおぉぉぉぉぉぉおおお」

エレン「おい!巴マミ!回想編はそのくらいにしとけよ!!巨人がさらに増えてきてるぞ!」

巴マミ「大丈夫♪ここは任せて!」


此処からマミさんの切り札が炸裂しますので
↓の動画を聞きながらブログをご覧頂くとより楽しく見れると思うので是非聞いて下さいねb










高くジャンプしたマミさん!!!


0038-9.jpg


ミカサ「いくら巴マミでもこの人数はきついわね、私も援軍に行くわ」

鹿目まどか「まって!ミカサさん!」

鹿目まどか「マミさんはきっと考えがあると思うから、今私達が出て行ったら状況を悪化してしまうから此処で待機で良いと思うよ!」

エレン「ミカサ!!落ち着けよ!」

ミカサ「エレンが言うなら・・・」


その頃マミさんは

0038-10.jpg


上空にいた~~~~!

巴マミ「よし♪この辺りなら巨人を見渡せるわ♪」

巴マミ「お願い!!!マドマギカード!!!」


0038-11.jpg


??「オーライ」

巴マミ「この槍は何なのかしら?」

??「私のマスターになるのなら私を握り名前を読んで下さい」

巴マミ「え!ちょっとまって!貴方の名前分からないわ!」

??「私を握ればその意味が分かります」

巴マミ「えぇ、分かったわ握ってみるわ!」


マミさんが握ったと同時に光が!!!!



0038-12.jpg

巴マミ「え、頭に何かが流れてくる・・・」

巴マミ「これがもしかして、貴方の名前?」

??「貴方が思った事が私の名前だと思うならそれを口に出してくれれば私のマスターになります」

巴マミ「えぇ、分かったわ」

巴マミ「お願い!!!レイジングハーート!!あの巨人を追い払う力を貸して!」

レイジングハート「イエス マスター」



0038-14.jpg

レイジングハート「チャージ開始」

ウィィイイイイイイン



エレン「おい!!!何だあの光は!!!」

ミカサ「すごい力ね・・・魔力がない私でも感じる・・これが魔法の力」

鹿目まどか「凄いよマミさん~!その魔力ならきっとウナジ関わらず巨人を一掃できそうだよ!」

ミカサ「えぇ・・・あの希望の光ならこの絶望の状況を打破できるかもしれない、彼女の一撃を期待しましょう」


0038-14.jpg

レイジングハート「チャージ完了 スタンバイオッケ」

レイジングハート「マスター頭に浮かんでいる言葉を叫んでください」

巴マミ「く~~何この力!制御する事にせーいっぱいだわ!」

巴マミ「行くわよ!!私の全力全開!!!!届いて!」

巴マミ「ディバイーーーーン!!バスターーーーーーー!」


0038-15.jpg


ついに!!!

レイジングハートが参戦!!!

あの禁断の究極の一撃を放った!!!!!

マミ達はどうなるのか!

つづく~
スポンサーサイト