--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_03
16
(Wed)19:33

黒きあの魔王が降臨!!

今日は Kirito偏を書こうと思います~!

その前に姉妹からのご連絡です!

私達姉妹をなりすましをし

アイテム が奪われるという 詐欺が起きています!

詳しい内容は 過去記事なので 何度も書いているので そちらをご覧下さい!

あと リンク一番上の注意事項にも書いてあるのでそちらもご覧下さい!

では 続きを見るをクリックして Kirito偏ご覧下さい~!

走るKirito!

すると!

倒れている 人を発見!

第二章00060-3

Kirito「誰か人が倒れている!!!」

Kirito「大丈夫かー!」

倒れている人に近寄るKirito

第二章00060-4

Kirito「貴方は確か・・・・」

Kirito「マミさんのお食事会でも会っていた エレン・イェーガー さん!?」


エレン「Kiritoさん・・・逃げろ・・・こいつ凄く強いぞ・・」

ガノンドロフ「また 誰か来たか 私の邪魔するやつは排除する」







Kiritoとエレン が出会った日記はこちら!

http://madokamagiga.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

1月28日  の日記になるので まだ見てない方もしいましたらご覧下さい






第二章00060-5

カチャ ←剣を抜く音

Kirito「何者だ!!!」

Kirito「エレンさんに何をした!」


遠くの方から 声が聞こえてきた・・・

ミカサ「エレンーー!」

Kirito「この声は!」

ミカサ「エレン何処行ったのー!」

ミカサ「!!!!!!!!!」


スタッ  ←ミカサ が地上に降り立つ音


第二章00060-6


ミカサ「え、エレン!!!」

Kirito「やはり ミカサさんかお久しぶりだな」

ガノンドロフ「フンッ!!全員消してやる!!!掛かって来い!」 




第二章00060-7


ミカサ「エレン!!!!どうしたのこの傷!!!!」

Kirito「・・・・・・・・・・・」

ガノンドロフ「・・・・・・・・・」


どうやら ミカサはエレンしか眼中にないようだ・・・・

Kirito「あの・・・・ミカサさん?」

第二章00060-8

キッ! ←ミカサが睨む



ミカサ「貴方は調子に乗り過ぎた 良くもエレンを此処まで・・・」

Kirito「何で俺!!!!!!!!」

ミカサ「私が制裁を下してあげるわ」

Kirito「ややや!だから!!!何で俺!!!」

ガノンドロフ「・・・・・・・・・・・・・」



ミカサ はガノンドロフの事が さらに 眼中にすら入っていないようだ・・・

エレンがすかさず 突込みを入れた

エレン「Kiritoさんは助けに来てくれたんだよミカサ!!!良く見ろ!!」

ミカサ「・・・・・・・エレンが言うなら信じるわ・・・」

Kirito「アハハハハ・・・お二人共相変わらず熱いね~」

エレン「良く見ろミカサ!!!敵はこっちだ!!!」


エレンが ガノンドロフ を指差す

そしてミカサが睨む

第二章00060-8

ミカサ「貴方がエレンを此処まで・・・私がしかるべき制裁を与えてあげるわ」



第二章00060-9


エレン「Kiritoさん危なかったな・・・・・」

Kirito「やっと・・倒すべき敵を睨んでくれたな・・・」

ドタバタでめぐり合った三人!

この三人はこの後どうなるか!!

次回に続く~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。