2015_11
30
(Mon)00:28

繰り返される祈り(希望と絶望のバランス)そして・・・平和なマミさん・・・・

まずは魔女狩りのご報告から~!

杏子ちゃんと共にまず!!!


カウルにGOーーーー!!!

すると・・・・


20151129135026ca6[1]


初めから使い魔発見!!!


杏子ちゃんが即討伐!!!

そして!

次にクラドにGO!

す・る・と・・・・・・・・・

20151129135022c27[1]


またまた使い魔発見

杏子ちゃんが討伐!!!

すると杏子ちゃんは・・・

佐倉杏子「すまねぇほむら・・・私にやらなきゃいけない事ができたから行くな」

と一人ナルビクフリマ方面に去っていった・・・・


そして怪しんで杏子ちゃんの後をつける事にした・・・





*ここからオリジナルTWバージョンの話が始まります!

流れの一部にネタばれがあるかもしれませんね・・・・・

ネタバレ注意です!!


ネタバレしたくない方専用にやる気スイッチを置いておきます・・・・!

今後の日記のためのやる気になりますので・・・是非押して頂けたら嬉しいです!



にほんブログ村


では、ネタバレ可能な方見ている方はどうぞご覧下さい!



























マミ&まどか組み!

まずナルフリから討伐開始!!

2015112900.jpg

討伐!

2015112901.jpg

討伐!!

そして!!

クラドに移動!!!

使い魔を攻撃!!

2015112903.jpg

使い魔をマミさんキーーーック!!!で討伐!!!!


マミウィンク

2015112904.jpg

さらに討伐ー!

そしてケルティカに移動!!

2015112905.jpg


美国織莉子「覚悟しなさい!!しかめまど・・・・・ぶらぁああああああああ

美国の顔面に直撃・・・・いたそ・・・・顔面に大怪我を負ってさらに逃走!

2015112902.jpg

美国織莉子「呉キリカはどこに行ったのよ・・・・ぶぉらあああああああああああ

マミさん&まどかの攻撃が  顔に!!!!  クリーンヒット!!!  いたそ~・・・

その後討伐をある程度おわして休憩に入りました~ノ

201511290-1.jpg

巴マミ「そういえば最近美樹さんの姿が見えないわね~・・美樹さんどこにいったのかしら・・・」

鹿目まどか「最近そういえば来てないですよねー・・テレパシーも通じないし・・何かあったのかな・・・」

巴マミ「あ!それなら美樹さんお茶会大好きだからお茶会開けばきっと来てくれるわよね!」

201511290-2.jpg

そして立ち上がるマミさん・・・・・


201511290-3.jpg


マミさんと入れ替わりに杏子ちゃんが鹿目まどか(まどか姫)のところに駆け寄ってきた・・・

201511290-4.jpg


鹿目まどか「杏子ちゃんどうしたの?なんていうかいつもと違ってさらに暗いっていうか何と言うか・・・・」


佐倉杏子「なぁ・・・まどか、まどかは友達を助けたいか?

鹿目まどか「うん、助けられるなら助けたいけど・・何かあったの?」

佐倉杏子「実はなさやかが魔女化しちまったんだ・・・」

鹿目まどか「え・・・さやかちゃんが・・・そんな・・・・」

佐倉杏子「あぁそうだよ・・・本当だよ・・あいつは魔女になっちまったんだ・・」


再び潤目になるまどか・・・・

佐倉杏子「おいまどか・・・諦めんじゃねぇよ・・・私はまだあいつを諦めきれねぇんだ・・・救ってやりてぇんだよ・・」

鹿目まどか「何か方法があるの?魔女になったら助からないってお姉ちゃんが言ってたんだよ・・?」

佐倉杏子「そんなものやってみなきゃわかんねぇんだろうが・・・諦めんなよまどか・・・」

鹿目まどか「じゃあ私はいったいどうすればいいの?」


201511290-5.jpg


杏子ちゃんが心配そうな不安そうな目で・・・

まどかに覗きこみこう呟いた・・・・

佐倉杏子「まどか・・・・おまえならできるかもしれねぇんだ・・・」


201511290-6.jpg

鹿目まどか「私達がみんなで協力してさやかちゃんを元に戻そうね・・・・」

佐倉杏子「ちげぇよおまえじゃなきゃさやかの心に伝わらないかもしれねぇんだ・・・お前アイツと親友なんだよな・・?」

鹿目まどか「じゃあ私と杏子ちゃんで力を合わせて一緒に戦って説得を試してみるの?」

佐倉杏子「やっお前は魔法少女にならずに制服のままであいつを説得してくれ・・」

佐倉杏子「アイツを傷つけるのは私一人で十分だ・・・お前まで巻き込んでしまうとアイツに見せる顔がねぇんだ・・」

佐倉杏子「アイツと私はいつも喧嘩ばかりしてた・・・私がいつものようにアイツと喧嘩してやらねぇとな・・・」

佐倉杏子「アイツはお前らに当たってしまった後悔でも含めて魔女になっちまったんだ・・・」

佐倉杏子「だから、私がやらなきゃいけねえんだ・・・」

鹿目まどか「杏子ちゃん一人で大丈夫なの?」

佐倉杏子「あたしはあいつの攻撃を受け止める・・・私はお前たちより強いんだから安心しろ・・・」

佐倉杏子「あたしの事よりあいつを戻すことを考えてほしいんだ・・」

鹿目まどか「うん・・分かったよ・・」

201511290-7.jpg


佐倉杏子「さやかは今、月の島の神殿の中にいるんだ・・・」


201511290-8.jpg

佐倉杏子「ここがあいつのいる結界なんだ・・・」

鹿目まどか「あ・・・前にこの結界見たことあるかも・・・」

佐倉杏子「そっか・・・・・あいつは魔女になっても心配してたのかもしれねぇな・・・」

佐倉杏子「まどか・・・・・・あんたは私が攻撃を止めているからひたすら訴え続けろ・・!」

佐倉杏子「きっとあいつの呪いの染まった魂でもあいつの心に響けば元に戻ってくれるかもしれねぇんだ・・」

鹿目まどか「うん・・分かった・・私やってみる・・・さやかちゃんを助けて見せるから・・!」

佐倉杏子「あぁ頼むぞまどか・・・それじゃあ」

佐倉杏子「あいつに会いに行くぞ!」

201511290-9.jpg


そして・・杏子とまどかが入った後・・・・

私は後ろから二人を見守っていた・・・

不安が的中してしまった・・・

暁美ほむら(ほむら嬢)「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

201511290-10.jpg

そして私は二人の後を追った・・・


その頃・・・・同時刻・・・

巴マミ「あら?準備終わったのに・・・美樹さんではなく・・鹿目さんも居なくなっちゃったわ・・・・」

巴マミ「どうしましょう~・・」

そして遠くから・・

201511290-12.jpg

シャルティア「あれは巴マミさんでありんす」

アインズ「うぬ・・・」

シャルティア「そいで何で一人で豪華なテーブルを用意してるのでありんすか?」

巴マミ「おかしいわねー・・・・・」





その頃 まどかと杏子ちゃんは・・・・

魔女化したさやかちゃんに対面していた・・・・







この音楽を聴きながら此処からのブログをご覧下さい・・・・・


人魚の魔女の結界2015112900-4


鹿目まどか「え・・・あれがさやかちゃん・・・・?なの・・・・?」

佐倉杏子「あぁそうだよ・・・・あたしが言った事を覚えてるな?」

鹿目まどか「うん・・・分かってる・・・さやかちゃんを助けてあげなきゃ・・」

人魚の魔女の結界2015112900-5



佐倉杏子「おいさやかーーーーーーーーー!!!しっかりしろーーーーーー!まどかを連れてきたぞーーー!まどかもお前の事を信じているんだぞーーーー!!!」

鹿目まどか「さやかちゃんーーーーー!私だよまどかだよーーーー!」

そして杏子ちゃんはバリアを作る準備を始めた・・・・



人魚の魔女の結界2015112900-5-0

佐倉杏子「おい!!!使い魔なんか出してくるんじゃねえよ!!!!!私らの話を聞いてくれさやかーーーー!」


鹿目まどか「さやかちゃんーーーー!さやかちゃんはこんな事する為に魔法少女になったわけじゃないよねー!」

人魚の魔女の結界2015112900-5-01


そして杏子が赤いネットのようなバリアを作り出した・・・

佐倉杏子「このネットがあれば・・・まどかだけでも守れる・・・!私は傷ついていい・・・あいつが傷つけるのは私一人で十分だ・・・」

鹿目まどか「さやかちゃんーーーーー!皆を守る為に魔法少女になったんでしょーーーーー!」

人魚の魔女の結界2015112900-5-02


鹿目まどか「さやかちゃんーーー!!良く見て私だよーーーーーー!見えるでしょーーーーーーー!さやかちゃんを迎えに来たんだよーーーーーー!」

佐倉杏子「おい!!!馬鹿!!!!!私より前に出るなまどか!!!!!!!!」


そしてまどかに向かってさやかの魔女は剣を向けて切りかかってきた・・・


人魚の魔女の結界2015112900-5-2


佐倉杏子「まどか!!!!!!!今のあいつはあいつじゃねぇんだ!!!!元に戻るまでは私の前に出るんじゃねぇ!!」

鹿目まどか「杏子ちゃん大丈夫なのそんな事しちゃったら手が!!!」

佐倉杏子「あたしの事よりもさやかを助けてやれ!!」

人魚の魔女の結界2015112900-5-03

そしてさやかちゃんの魔女は一斉に使い魔を召喚し一斉にまどかと杏子ちゃんに目掛けて投げてきた・・・


人魚の魔女の結界2015112900-5-3

鹿目まどか「杏子ちゃん・・ほんと大丈夫なのー!!!!」

佐倉杏子「私の事よりも訴え続けろまどか!!」

鹿目まどか「さやかちゃんーーーーーーー!!!元に戻ってーーーーーーー!みんな待ってるんだよーーー!!!マミさんお茶会をナルビクフリマで開いてまってるんだよーーーーーーー!」

人魚の魔女の結界2015112900-5-4

佐倉杏子「いっけーーーーーーーーーー!!!」

使い魔にいたぶられながらまどかを守りながら・・・

攻撃する杏子ちゃん・・・


人魚の魔女の結界2015112900-5-5-0


まどかを守りつつボロボロになりながら説得を続ける杏子ちゃん・・・


鹿目まどか「そんなボロボロになってよろよろになって・・・このままじゃ杏子ちゃん死んじゃうよ!!!」

佐倉杏子「あたしの事はいいからあいつの事だけを考えろまどか!!!!あいつは私よりも辛い思いをして魔女になっちまったんだ!一番辛いのはあいつなんだよ!!まどか!!!」

人魚の魔女の結界2015112900-5-5

佐倉杏子「もう私の体がそろそろ限界だな・・・・・どうやったらアイツを助けられるんだ・・・」

人魚の魔女の結界2015112900-10


暁美ほむら(ほむら嬢)「それぐらいにしなさいーーーー!このままだとホントに死んじゃうわよ!!!」

佐倉杏子「おいほ・・・むら・・・どやったらアイツを助けられるんだ!」


暁美ほむら「前言ったとおりにもうさやかちゃんは死んでしまっているの・・もう何をやってもさやかちゃんには通じないわ・・・・」


人魚の魔女の結界2015112900-6



佐倉杏子「何でだよ!!!!アイツを助ける手段はもうないっていうのかよ!!!」

暁美ほむら「もう魔女になった時点でもう倒してあげる事がさやかちゃんを助ける唯一の手段なの・・・」

暁美ほむら「今目の前にいるのはのろいだけ・・・さやかちゃんの意志はもう残ってないの・・・」

人魚の魔女の結界2015112900-6-1

佐倉杏子「そうか・・・ならばこれしか方法はなさそうだな・・・」

鹿目まどか「うぅ・・・・・」  パタン・・・

佐倉杏子「すまない・・・な・・・まどか・・・」

まどかを気絶させた杏子ちゃん・・・

暁美ほむら「貴方一体何をしようとしてるの!!!」

佐倉杏子「ほむら・・・まどかを頼む・・・此処から出してやってくれ・・」

暁美ほむら「貴方がいなければ!!!ワルプルギスの夜には対抗できない!!!!」

佐倉杏子「すまねぇな・・・ほむら私はそれに参加できそうにないみたいだな・・・」

佐倉杏子「私はあいつを一人で苦しませたくねぇんだ・・・・」

佐倉杏子「早くまどかを抱えて・・・此処から出てくれほむら!!!」

暁美ほむら「分かった・・・それで貴方はどうするの・・・?」

佐倉杏子「すまねぇ ほむら あとは頼んだぞ・・・・」


暁美ほむら「分かった・・・さやかちゃんの事頼んだわよ・・・!」

佐倉杏子「あぁ・・・・分かったよ・・・」


人魚の魔女の結界2015112900-7

ほむら達が結界を出るまで巨大な槍を出して威嚇する杏子ちゃん・・・


そして・・・・・

人魚の魔女の結界2015112900-7-1

佐倉杏子「なぁ・・・・・さやか・・・・一人は寂しいだろ・・・?」

人魚の魔女の結界2015112900-8


二人が結界から出たのを確認した後、杏子ちゃんの体から浄化するような溢れ出る不思議な光が放たれた・・・・


そしてそのまま 巨大な槍からさやかちゃんに目掛けてジャンプした・・・


人魚の魔女の結界2015112900-8-1

自分のソウルジェムにキスをして自爆の準備を始めた・・・


人魚の魔女の結界2015112900-8-2


佐倉杏子「すまねぇ・・・マミ・・・まどか・・・ほむら・・・私はさやかと共に先にあの世にいってくるな・・・」

佐倉杏子「さやかもうお前は今後私とこれからもずっと一緒だからな・・・もうお前を一人にしないからな・・・」


人魚の魔女の結界2015112900-8-10



佐倉杏子「みんなすまない・・・・・あんた達でも生き残ってこの世界を守ってくれ・・・」

佐倉杏子「さやか・・・・・・これで私とずっと一緒だぞ・・・お前の苦しむ姿はもうみてられねぇ・・・」

佐倉杏子「じゃあな・・・・マミ・まどか・・・・ほむら後は頼んだぞ・・・・」

そして・・・・・・・

人魚の魔女の結界2015112900-9-3

杏子ちゃんの体から強力なひかりが放たれた・・・・・・・


人魚の魔女の結界2015112900-10


そのまま赤い光は一瞬にして強くなり・・・・

その光はさやかちゃんの魔女と共に結界ごと杏子ちゃんの体と共に消え去っていく・・・・


人魚の魔女の結界2015112900-11


その頃外に出て気を失ってるまどかが起き・・・・・・

再度杏子ちゃんの所に向かおうとしたとたん・・・


人魚の魔女の結界2015112900-12


結界からもの凄い光が放たれ・・・・・・・

人魚の魔女の結界2015112900-13


その光が消え去れると共に結界が消滅した・・・・・・・



人魚の魔女の結界2015112900-14

鹿目まどか「杏子ちゃんーーーーーーーーーーーーーーー!さやかちゃんーーーーーーーー!」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



まどかが消え去った結界跡に走ったが何も痕跡がなく・・・・・・・・・・・・・

元気だった杏子ちゃんの姿はもういなかった・・・・・・・・・・・・


人魚の魔女の結界2015112900-15


そしてマミさんの元に戻り・・・


一部始終を全てを話し・・・・・・



まみさんの元で泣き続けるまどか・・・・・・・・・・・


その姿を見てられず背を向けて見守ることしかできなかった・・・・私・・・・・






ここで私たちからお願いがあります・・・


私達姉妹のやる気スイッチです・・・・

もしよろしければ押してください・・・・

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村



さてお決まりのコーナー本日のまどか・・・・

11月29日まどか



必死に・・・さやかちゃんを説得に入っているまどかでした・・・・!

そしてお決まりランダムターゲットは!!!

人魚の魔女の結界2015112900-17

まどかの泣いてる姿を見守る Kiritoでした・・・


正直言います

今日の日記書くのすごく辛かったですね・・・・・・・・・・・・・・


妹も辛かったらしいです・・・・


12月2日

のワルプルギスの戦いに挑めるのは

暁美ほむら(ほむら嬢)・鹿目まどか(まどか姫)・巴マミ  だけ・・・・



何としてもワルプルギスの夜と倒さないとまどかもマミさんも死んでしまう・・・・・・・・

マミさんは奇跡的に○ド○が食べられてくれたおかげで命が続き今にいたります・・・・(ぇ

今後どうなるのか・・・・心配ですね・・・

では今日の日記は終わります・・・・

お疲れ様ーーノ





スポンサーサイト
2015_11
29
(Sun)00:32

Kirito参戦!  シャルティア VS Kiritoに・・・・・

まず魔女狩りパトロールのご報告~ノ

杏子ちゃんを連れてパトロール開始!!!


す・る・と

使い魔さっそくキターーーー!!!


20151128224431d7a[1]

杏子ちゃんがすかさず討伐!!

そして・・・・

忍里に移動!!!

す・る・と!

20151128224431a56[1]

またまた使い魔キターーー!!!


早速討伐!!!!

使い魔は不幸を呼ぶ現況の手下討伐しないとプレイヤーさんに悪影響なので

討伐しなければ!!


その後杏子ちゃんがまた・・・・・


何か杏子ちゃんの様子がおかしい・・・

何も起きなければいいんダケド・・・


そして!まどか組!

2015112800.jpg

巴マミ「今日はみたきはらの屋上でまったりしましょうか♪」

巴マミ「ここの場所は魔法少女しか入れない!!!!!安全な場所だから!!」


巴マミ「お茶でものんでまったりしましょうか♪」

鹿目まどか「マミさんの紅茶か~最近飲んでないから久々に飲みたいかも♪」



2015112801.jpg


そしてWPにGO!!

2015112803.jpg

注意:この場所は魔法少女しか入れない秘密の屋上です!!!!


巴マミ&まどか「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

巴マミ「・・・・・・・・何が起きてるのかしら?」


ただ立ち尽くすマミさん&まどか・・・

kirito「此処ではプレイヤーを巻き込む事はないだろうお手合わせお願いできるかな?アインズさん」

アインズ「ウヌ、我が相手をしたいのだが・・・」



鹿目まどか「とりあえず・・・危ないから隅っこで観戦しましょうマミさん!」

巴マミ「そうね・・・」




2015112804.jpg

シャルティア「アインズ様に歯向かうものは私が成敗するでありんす!!!」

Kirito「歯向かってはないよ、せっかくお会いできたのだから一戦どうかなと思っただけさ」

シャルティア「私が相手でありんすーーー!」



2015112805.jpg

シャルティア「覚悟でありんすーーーー!」

Kirito「へーやるじゃないかー!これは面白くなってきたぞ」

2015112806.jpg

シャルティア「なかなやのスピードでありんすね・・・!!」

シャルティア「このくらいなら!そこの黄色い服の巴マミと勝負してさらに強くなってるでありんす!!」

Kirito「聞いた事ない名前だな・・・・その人もけっこう強いプレイヤーなのか?」

シャルティア「私はNPCで巴マミは魔法少女でありんす!!けしてプレイヤーじゃないでありんす!」

Kirito「そ、そうなのか・・・」




2015112807.jpg

鹿目まどか「マミさん・・・・・・・・・・・・・・今マミさんの名前があがっていたような・・・」

巴マミ「えぇそうね・・・ここはシャルティアちゃんとKiritoさんの真剣勝負中ですし・・今は見守ってるのが良いと思ってね♪」


2015112808.jpg

シャルティア「いくでありんすよーー!この攻撃交わせるでありんすかー!!」

Kirito「・・・・・・・・・・」

2015112809.jpg

シャルティア「くらうでありんすーーーー!」

Kirito「・・・・・・・・・・!?」


2015112810.jpg

Kirito「とりあえず反撃開始だ!」

シャルティア「無駄でありんす!!!」


2015112811.jpg

シャルティア「これを受けてみるでありんすーーー!!」

鹿目まどか「マミさん!!!!!!!!!こっちに向かってエネルギーの槍が飛んできますよ!!!」

巴マミ「Kiritoさんがきっと打ち返してくれるはずよ♪」

巴マミ「ここは安全よ鹿目さん♪」


2015112812.jpg

Kirito「おっと危ない・・・」



そして後ろの二人に向かっていく・・・・槍・・・・



鹿目まどか「ふぇ~!!!こっちに向かって飛んでくる~~!!!」

巴マミ「あら!!!!!まさか交わすなんて!!!!!」

鹿目まどか「シェルティアさん相変わらず強いですね・・・」

巴マミ「そんな事言ってる場合じゃないでしょ!!!!逃げるわよ鹿目さん!!!」




2015112814.jpg


ドーーーン!!!!!


巴マミ&まどか「キャーーーーーーー!!!」

Kirito「ん?後ろにいる巴マミさん達に何かあったのか?」

2015112815.jpg

巴マミ「いけないわ!!!このままだと学校の屋上が壊されてしまう・・・!!」

巴マミ「そしてTWの世界に行けなくなってしまうわ!」



2015112816.jpg

巴マミ「その試合ストーーープ!!!」

鹿目まどか「はい!!その試合そこまでーー!」



2015112817.jpg

Kirito「ん?どうしたんだ急に・・」

シャルティア「何かあったでありんすか?」

アインズ「うぬ・・・」

巴マミ「貴方達ね~~~!!!学校の屋上を壊すつもり!!!」

Kirito「いや・・そんなつもりは・・・」

巴マミ「ここのポータブルが壊れてしまうとTWの世界に戻れなくなるのよ!!!」


巴マミ「っていうか!!貴方達どうやって此処の世界に入ってこられたの!!!」

Kirito「昨日黒髪の女の子が一人で入って出てきたのを見てそこの場所に何かあると調べてたら此処の世界にこれたんだ」

巴マミ「暁美さん・・・入り口を閉めるの忘れてたのが原因ね・・・」

巴マミ「話を戻すけど!」

巴マミ「私たちはここの世界の住民だから壊れても関係ないけど!一緒にナイトメア退治でもするのかしら?」

シャルティア「あの蜘蛛でありんすか!!!!!!!!」

巴マミ「蜘蛛・・・・?」

鹿目まどか「うんそうだよ~あの蜘蛛見たいの相手するんだよ・・!」

シャルティア「それは困るでありんすーーーー!!」

Kirito「何のこと言ってるんだ・・・・・・」

アインズ「我も知らぬ・・・」

Kirito「あれか あの時ナルビクに降り注いで死に掛けたあのピンクの矢の事か?」

アインズ「うぬ・・・あれは・・・・やばかった・・・」

鹿目まどか「あははははは・・・えっと何かごめんなさい・・・」


2015112818.jpg


Kirito「あの矢はすごかった・・・避けても避けても振ってくるし一発当たっただけでもHPが10%きってしまったよ・・・」

アインズ「我は近くで爆発がおきそのまま風圧に飛ばされ矢に撃たれ続けたな・・・」

Kirito「あんなの何発も撃たれたらもう確実に死んでしまう・・・・お前何もんだ・・・」

アインズ「我が名はアインズである」

Kirito「そうじゃなくて!HPがどれだけあるんだ?って事だよ!」

アインズ「我はHPなど知らぬ・・・と言うか撃たれている間に海の中に落っこちて死に掛けたのだ・・」

Kirito「それは災難だったな・・・・」

シャルティア「何を言ってるでありんすか!!!!アインズ様は魔法の力で空を飛んでいただけでありんすよ!!」

アインズ「ギク!!!!!!」


Kirito「ほっほ~何か言ってることと違うよな 魔法で飛んでるのか~ 要するに魔法の力で爆発から飛んで回避して矢に撃たれながら海におっこちたと言うわけか・・・」

巴マミ「・・・・・・・・・・・鹿目さんしっかりしなさい!貴方が潤目になっていたらばれてしまうわよ!」

鹿目まどか「で、でもマミさん・・・予想以上に被害者がこんなにいたなんて・・」

Kirito「ん?所で何でそのピンクい子はウルウルしながら俯いているんだ・・・?」

鹿目まどか「うぅ・・・・・どうしよう・・・」(小声・・・

巴マミ「ここに私は任せない!!!」(小声・・・

巴マミ「鹿目さんはどうやら・・・・きっと目薬をつけてるみたいでウルウルしてるのよ・・!!!」

鹿目まどか「ふぇ・・・!!!!」


Kirito「そっか・・・目薬か・・」

巴マミ「ね?鹿目さん!!!目薬付けているのよね!?」

巴マミ「ね?ね?ね?」

鹿目まどか「そ、そうなんです・・・・・目薬をつけているんですよ~・・」(泣き声

シャルティア「鹿目さんがつけている目薬って強力なんでありんすね」

巴マミ「そろそろ時間だからこれで勝負はお預けにしてもらっても良いかしら?」

アインズ「ウヌ」

Kirito「俺は別に構わないぜーAsunaが呼んでるからいってくる どうやらボス討伐攻略を妨害されているようだ・・・」

Kirito「妨害してるのは 呉キリカと言う名前の人間らしいが知っているか?」

巴マミ「あぁその人鹿目さんの命狙ってるのとプレイヤーに迷惑を掛けてる人だから存分に倒していいわよ♪」

マミウィンク


Kirito「おぉそうなのかプレイヤーと間違えて頬っておいてたんだけどかなり質が悪い人で困ってたんだ・・・・」

Kiroto「あと美国織莉子という白い奴も酷かったな・・・・」

巴マミ「えぇその人は鹿目さんの命を狙っている主犯だから存分にやってもいいわよ♪」

Kirito「ほぉそうなのか・・・良いこと聞いたな今度からそうさせてもらうかな」

Kirito「あと、巴マミさん」

巴マミ「?」

Kirito「今度手合わせいいかな?シャルティアさんに聞いた話によるとかなりの実力と聞いたからな」

巴マミ「えぇ良いわよ♪」

巴マミ「それじゃあこれで解散しましょう♪」

全員「はーい!」

ってな感じでバトルは幕を閉じました!



その後!妹まどかがインクリ&強化しましたので載せておきますーノ


始めに!!
一個目のカリゴバングルをレッツインクーーリ!!



2015112819-0.jpg


結果はーーーー・・・・










2015112819-1.jpg



成功ーーーーーーーーーー!!!


そして!!!

もう2個目の

カリゴバングルをレッツインクーーーリ!!



2015112819-2.jpg



結果は・・・


2015112819-3.jpg


失敗・・・・(どんまい


三個目!!!

カリゴバングルにレッツインクーーリ!



2015112819-4.jpg




結果は!!!!


2015112819-5.jpg


失敗・・・・・・・








そして成功した!!!




カリゴバングルをレッツ強化ーーー!!!


2015112819-6.jpg


結果は!!!!!












2015112819-7.jpg



オウノーーー・・・・


強化失敗して



2015112819-8.jpg


さらにその失敗品にレッツインクーーーーリ!!!!


結果は・・・!




2015112819-9.jpg



失敗・・・・(どんまい・・・



2015112820.jpg


全て手元から消え悲しんでるまどかでした・・・・




ここから姉妹からのご連絡!!!


私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村



そして話を戻して・・・


お決まりのコーナー本日のまどか!!!


11月28日まどか


フリマでぼーっとしてるまどかでした!!


そしてランダムターゲットはこの方!!!!!!!!!



11月15日ランダム1


よっちゃんナやでーーす!!!


フレさんたちとま~たりお話できた日でしたね~♪


フレさんと話してる時が一番癒されますね~・・

フレさんたちには感謝感謝です!!


さて今日の日記はこれまで!!

お休みなさいーノ
2015_11
28
(Sat)00:43

TWの世界に見滝原市に続く魔法の道が出現!

まず始めに!!!

フリマに偶然・・・・・

フレさんがいたので・・・・

放置と思いレッツいたずらIA開始!

11月27日IA2

そして!本人いたらしく・・・

本人の希望を聞いて

11月27日IA3

頑張って書いてみましたー!

  にどうやってやろうと悩んでいたら・・・

妹が

11月27日IA4

こんな感じでアドバイスくれたので

コツコツ作成開始!!!

そしてついに!!

11月27日IA5

ドM  !!!完成ーー(パチパチ


そして!!!

杏子ちゃんを誘ってレッツ魔女狩りに出発!!!!

早速フリマに・・・・呉キリカ発見ーーーーー!!!

201511272242237ba[1]

その後逃走されました・・・・・

呉キリカがいるってことは・・・

美国が何処かに・・・

そして!!

忍の里  にレッツごーーーー!!!


すると・・・・・!!!


2015112722422583c[1]


早速使い魔発見!!!!!!!

使い魔は不幸を振りまく現況のひとつだから早速杏子ちゃんが退治!!


その後杏子ちゃんはまた一人で何処かに行ってしまった・・・




そして

まどか&マミ組み!!

フリマでボーっとしていたら・・・


2015112700-1.jpg

巴マミ「見滝原市に続く道が開いたから気分転換で行ってみましょう♪」

鹿目まどか「そうだね!いってみよう♪」


2015112700-2.jpg

そしてWPに走り出し・・

ここからTW初!!!!

見滝原市へのゲートを潜り!


2015112701.jpg

そして!見滝原市にある学校の屋上をお見せ致します!ここの場所は魔法少女しか入れない特殊の場所となりますので一般のプレイヤーの方は入れません!

2015112702.jpg

鹿目まどか「ここでまったりするのもいいかも♪」

巴マミ「そういえばショッピング中に拾ったあの写真集何だったのかしら・・・プレミアと書いてあるわ・・」

巴マミ「暁美さんの名前書いてあるし返してあげないとね♪でも気になるわ・・・ちょっとだけ覗こうかしら・・・」

2015112703.jpg

巴マミ「・・・・・・・・・・・・・・・・」

巴マミ「左側の二枚は寝てるパジャマの鹿目さん・・・がプレミアム集・・・に入ってて・・」

巴マミ「一番右側の鹿目さんは盗撮集っていうのに入っているわね・・・」

巴マミ「これは鹿目さんにみせちゃいけないものなのかもしれない・・・」


2015112704.jpg

鹿目まどか「ねね!マミさん!今何見てるの?私も一緒に見ていい?」

巴マミの心「これを鹿目さんに見せたら大変な事になるわ・・」

2015112705.jpg

巴マミ「たいした物じゃないから別に気にしなくていいわよ~!!」←必死に誤魔化すマミさん・・

鹿目まどか「え・・そうなんだ!でもちょっと気になるかも・・・・その色の本何処かで見たことあるような・・・私のかもしれないし・・」

巴マミ「鹿目さんのじゃないから!見なくても平気よ♪」

マミウィンク



鹿目まどか「・・・・・・・・・・?」

2015112706.jpg


マミさんを避けてみようとしたらマミさんも同時に動く・・・


2015112707.jpg


巴マミ「鹿目さん!これからいっぱいナイトメア退治をやらなくちゃいけないですし♪あっちで休んでいたほうが良いわよ?」


2015112708.jpg

必死にごまかし続けるマミさん!!


鹿目まどか「・・・・・・・・・・?」

2015112709.jpg

内なる巴マミ「このままじゃ暁美さんと鹿目さんの間に亀裂がはいってしまうわ!!完全に疑ってる!!」

内なる巴マミ「っていうか暁美さん!!!!良く此処まで気がつかずに!!隠し撮りできるわね!!!!寝てる姿とか・・・ある意味・・・すごいわね・・・さすが暁美さん・・・・」

内なる巴マミ「時間を止めて隠し撮りしてるのかしら・・・・・それは置いておいて・・今の鹿目さんをどう止めればいいのかしら・・・」

内なる巴マミ「これはもう・・ナイトメア退治に誘うしかないわね・・!」


私のプレミアム写真集を・・・・・・・・

守ってくれるなんて・・・・・・・・・・・

無駄に優しいマミさん!!!!!!!!!!!

さすがリーーーダーーーーー!!



巴マミ「少し早いけどナイトメア退治に行きましょうか♪」

鹿目まどか「・・・・・?」

鹿目まどか「ハイ!マミさん!」


まずはネニャフルで使い魔発見!!!!

2015112711-14.jpg

2015112711-13.jpg


早速討伐!


そしてナルフリにて!

使い魔発見!!


2015112710.jpg

2015112710-1.jpg

そして!!討伐!

そして!!

カウルに移動!


そして!!!!使い魔をとうば・・・・・・・・ん?



2015112710-3.jpg

妹が矢を向けてる先・・・・・・・・・・TWNPCものまねオウムマンじゃ!!!!!!!


どうやら・・・・

まどか&マミペアーはオウムマンを使い魔と思ってる様子・・・


オウムマン逃げてーーーーーーーーーー!!!!!!


そして・・

2015112710-4.jpg


使い魔??討伐完了・・・・(ナムナム


そして引き続きカウルに使い魔発見!!!

使い魔を見つけ弓を構えて・・・・・・

2015112710-5.jpg

矢を放ち!

2015112710-7.jpg

使い魔を討伐!!!

2015112710-8.jpg

ある程度狩りを終えて休憩に入る二人組み!


2015112710-9.jpg

そしてブラブラマミさんと魔法少女を解除してお散歩していたら・・・

なんと!!!魔法少女を解除したまどかに対して使い魔が急接近!

マミさんが攻撃態勢に入るもこのままじゃ連れて行かれる!!!!

その時・・・!!!


2015112710-10.jpg

鹿目まどか「イヤアアアアアアアアアアアアア!!!ヤメテーーーーーーーー!」

と言いながら・・・・・・使い魔に!

まどかパンチーーーー!!クリンヒット!!!

あまり威力がなく使い魔がよろけたくらいだったけど・・・

その瞬間をマミさんが逃さず!

2015112710-11.jpg

討伐完了!!!

2015112710-12.jpg

巴マミ「鹿目さん大丈夫?」

鹿目まどか「うん♪大丈夫だよ!マミさん!助けてくれて本当にありがとうね!」



そしてそのままクラドに向かった!!!

クラドにパトロール開始!!

してすぐに!!!


ここの動画を聞きながら呼んでみてくださいね!




見たこともない魔女結界が現れた!!!


2015112711-1.jpg


巴マミ「見たこともない結界・・・・いったいどんな魔女が潜んでいるのかしら・・・」

鹿目まどか「どんな魔女が来ても私がマミさんを守ります!」





2015112711-2.jpg

巴マミ「これがこの結果の主ね・・・・・鹿目さん!!!準備はいいかしら?くるわよ!!」

鹿目まどか「はい!準備できています!」



2015112711-3.jpg


マミさん&まどかが構えていたらいきなり・・・

消えてしまった・・・




2015112711-4.jpg



巴マミ「魔女にしてはおかしい動きね・・・一体なんだったのかしら・・・・」

鹿目まどか「でも何かあの魔女懐かしい感じがしたような気がする・・・」

巴マミ「そうかしら?確かにそんな感じはしなくはないけど・・でも始めてあった魔女ですし・・・きっと気のせいじゃない?」


そして遠くの方から

2015112711-5_20151127225556164.jpg

佐倉杏子「おい!!!マミ!!!まどか!!!そっちに使い魔見なかったか??」

2015112711-6.jpg

巴マミ「さっき見たこともない魔女が目の前に現れたんだけど・・何もせずに何処かに消えていったのよ・・」

鹿目まどか「何かすごく懐かしい感じがした魔女なんだけど・・・杏子ちゃん何か知ってるの?」

佐倉杏子「いや 知らない」

佐倉杏子「きっと懐かしい感じは気のせいだ・・・・そうだあいつは魔女なんだ・・・」

佐倉杏子「あいつだけは私が倒してやらなきゃならねぇんだ・・・」

鹿目まどか「どうしたの杏子ちゃん?さっきから泣いてるんだけど・・何か辛いことでもあったの?」

佐倉杏子「なんにもねぇよ!!!私は普通だ・・・」

巴マミ「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

鹿目まどか「悩み事あるなら力になれるか分からないけど聞くよ・・・?」

佐倉杏子「やっ良いんだ てか悩みなんてねぇから安心しな!この私に悩みなんか・・・・・」



まどかの話だと・・・・

杏子ちゃんは泣きながら走り去って行ったらしい・・・


巴マミ「あのプライドが高い佐倉さんがあんなになるなんて・・・きっと何かが起こっているのね・・・」

鹿目まどか「うん、そうだね・・・私に何かできたらいいなぁ・・杏子ちゃんに元気になってほしいかも・・」



そして今日のパトロールは終わった・・・!

その時・・・・

ほむら嬢「まどか盗撮写真集ゲットーーーーーー!!!!でも何故ここに・・・」

写真集をゲットして喜んでる私でした~ノ


そして!!!


妹がインクリ&強化したらしいので結果を載せます!!


コアミューーーに

インクウーーーリセットUP!!!

2015112711-7.jpg


レッツインクーーーーリ!!!!!


結果は・・・?



2015112711-8.jpg


成功ーーーーーーーー!!

そして!!!!カードで強化開始!!!

2015112711-9.jpg


レッツ強化ーーーーーー!

結果は・・・?


2015112711-10.jpg


ドーーーン・・・・・・・・・

その後!!!

さらにインククウーーーリ!!


結果は・・・・?


















2015112711-11.jpg



2015112711-12.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ドンマイ・・・・



さて!!!

ここから私たちからご連絡がー!



私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村


そして話は戻り!

お決まりのコーナー本日のまどかー!

11月27日まどか

購入しようか迷っていたまどかでしたー!


そしてお決まりのコーナー!!!ランダムターゲットはこの方!!!

11月27日ランダム1


たみよちゃんでーす!


今日はまったり?日でしたね~

さて今日の日記はこれまで!

お疲れ様~ノ
2015_11
27
(Fri)00:02

今日は何もない平和な一日でしたね~!IAもやりましたよ~ノ

今日のパトロール報告ー!!


今日も魔女狩りパトロールで杏子ちゃんと共に討伐しました!!


す・る・と!!

20151126221026739[1]


忍の里に使い魔発見ーーーーーー!!!!


使い魔がいるという事は・・・・・・・・

不幸を撒き散らす手下!!!


直ちに討伐しなくては!!!


20151126221026739[2]


そして杏子ちゃんがすかさず必殺技で瞬殺!!!

さすが杏子ちゃん!!


杏子ちゃん・・・・

最近元気ないのよね~・・

まぁさやかちゃんがあんな事になっちゃったから仕方ないけど・・・


佐倉杏子「ほむら!ちょっと買い物してくるな!」


と言ってまた何処かに・・・・

ちょっと心配だねぇー・・・

そして杏子ちゃんは・・・

そう・・・あの場所に来ていた・・・

2015112524.jpg

佐倉杏子「さやか・・・・お前どこにいっちまったんだ・・・」




2015112525.jpg


佐倉杏子「クソーーーー!!!!!」

そして・・・

悔し涙を流す杏子ちゃん・・・・・


そのままその場所でリンゴを食べて私の所に戻ってきましたが・・・

笑顔がなく・・・・・・・

無茶しないか心配・・・(泣


そして

マミ&まどか組み!!

今日もみんなで使い魔を!


2015112600.jpg


討伐!!!


2015112601.jpg


討伐!!!


して!!!使い魔を沸いてくるのを待機してましたー!


やぁ~こういうまったりな日も良いですね~(テレ

2015112602.jpg


すると!!!そこに!!


2015112603.jpg

アインズ「ここに居ましたか皆様」

シャルティア「遊びに来てあげたでありんすよ」

シャルティア「今日は平和すぎてたいくつでありんす・・・」

アインズ「平和が良いだろう・・・平和が良いだろう!」

強く意気込むアインズ・・・

シャルティア「そういえばアインズ様・・・・・昨日どうやって空を飛べたでありんすか?」

アインズ「ゴホン・・・私ほどの魔道師となると余裕でできてしまうのだよ」

シャルティア「アインズ様素敵でありんす~(ポッ」

ほむら嬢「やっ昨日思いっきり・・・飛ばされてると叫んでいたような・・・・・」

アインズ「ほむらさんそれはきっと幻聴なのだよ」

巴マミ「確かにあの時逃げるのでせーいっぱいだったものね・・・♪」


ほむら嬢「まぁ・・・そういう事にしておこう・・・」


などなど会話をして~!





そしてフレさん達ともまった~りお話をして!

11月25日強化石投下


フレさん達とお話するのが癒しになりますね(テレ


11月26日お話1

そして!!

昨日IA書いて貼るの忘れていたので・・・

今日載せちゃいます!!!


作品1

11月25日ランダム1


作品2



11月25日ランダム2


などIAを書いてみました~!

汚いですが・・・・

頑張りましたー!!!


さて!!お決まりのコーナー本日のまどか!!



11月26日まどか

露店でまったりしてるまどかでした~!!


そして!!!本日のランダムターゲットはこの方!!!



11月9日ランダム2


ティチサブがお世話になっているミドウちゃんでーす!


今日はまったり~な日でしたね(テレ

昨日すごい事があったので・・・

こういう日も良いですね~(テレ


そして私たちからご連絡~!

私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村

さて今日の日記はこれまで!!


お疲れ様です~ノノノ


2015_11
26
(Thu)18:00

平和な日常はいつまでも続かないんだよ・・・byアインズ

まず始めにー!


杏子ちゃんと魔女狩りにいってきました!!!

まずは  

オルリー!!!


201511252153431cd[1]

呉キリカ発見!!!!


私に気が付いたみたくスピードを上げ逃走!!!!!!

プレイヤーさんが複数いる狭間のNPC付近から姿をけしました・・・


呉キリカがオルリー付近をさ迷ってるとなると・・・美国がいるはず・・・

そう思い次はクラフリを巡回!!!

す・る・と!!!

20151125215338abf[1]

呉キリカ発見!!!!!!

杏子ちゃんが追撃しようとしたら!!

逃走・・・・・・

いつ呉キリカ殺せるの・・・

その後杏子ちゃんは姿を消した・・・

無理してないといいけどー・・


11月25日お話1


そしてまったりフレさんとお話していましたー!




そしてマミ&まどか組み!


まずはナルビクフリマに沸いている使い魔を討伐!!!

2015112500.jpg

討伐!

2015112503.jpg

マミさんキーーーック!!!で討伐!

すると・・・

??????「・・・・・・・・・・・ありんす」
????「うぬ・・・・・・」


遠くから・・・・声が・・・・・・

気にしては いれないのでさらに討伐!

2015112502.jpg

ん!

シャルティアさんとアインズさんがデートしているようだ・・・・

近くに使い魔がいるのに気が付かないとは・・・・

よっぽどアインズがすきなんだね~・・(ポッ

すると・・・新たな使い魔が沸いた!

ドドドドドドド・・・・・・・ ←もの凄い足音が近づいてくる・・・


疾風が横を通り過ぎ・・・

2015112501.jpg

シャルティア「アインズ様とのデートを邪魔するのは許せないでありんすーーーー!」

という声と共に使い魔を瞬殺!!!

シャルティア「アインズ様ーーーー!みたでありんすかーー!このシャルティア頑張ってるんでありんすよーーー!」


と疾風のごとく去っていった・・・

巴マミ「今日もシャルティアさん元気いっぱいね♪」

そして・・・・


マミさんの話によると露店に売っているモモンガブーツを見つけ・・・

アインズ「いつのまに!我のブーツが売られいるだと!」

と言い驚いていたなんて・・・言えない・・・




そして!

使い魔を発見!

2015112504-2.jpg


使い魔を!退治!

そしてー!

2015112504-01.jpg



マミさんがフリマでお買い物があるという事で

2015112504-02.jpg

まどかがフリマでボーっとしていたらしくすると・・・・

2015112504-1.jpg

?????「あ、貴方はまどか姫さんでありんすね!」

と言う声が横から聞こえて来て・・・

鹿目まどか「シャルティアさんこんばわ♪」

シャルティア「あれ?いつもいる巴マミさんは何処にいったでありんす?」

鹿目まどか「えっと・・マミさんは、今お買い物に出て今いなかも・・」



シャルティア「そうでありんすか・・お手合わせお願いしたかったでありんすが私もここで待ってて良いでありんすか?」

鹿目まどか「うん!もちろんいいよ!」

シャルティア「単刀直入にいうでありんすが・・・アインズ様とまどか姫様の関係はどんな関係でありんすか!!」

鹿目まどか「どんな関係といわれても・・・ちょくちょくお話してる感じかなぁ」

シャルティア「ちょくちょく!!!!ちょくちょく!!!でありんすか!!!」

2015112505.jpg

魔女結界が後ろに現れた!!!

この結界は委員長の魔女!

その時話に夢中で気が付いてないご様子・・・・・


鹿目まどか「露店で偶然会ってお話したり・・・」

シャルティア「私の知らないところで露店デートでありんすか!!!!」

鹿目まどか「ち、違うよー!偶然だよ!偶然!」

シャルティア「そいでありんすねー偶然でありんすね!」


2015112506.jpg

そして!!!結界からTW初の委員長の魔女が結界から姿を現した!!


2015112507.jpg

ヒューーーーーーーーーーーーーーーーーー(何かが飛んでくる音)


シャルティア「もしそうだったら私がただじゃおかないでありんす!」

シャルティア「やはり私とアインズ様は赤い糸に結ばれてるでありんす♪オッホホホホホホ♪」

と天狗になってるシャルティアちゃん・・・

そして後ろから何かが飛んでくるのも気づかず・・

2015112508.jpg

ボーーーーコーーーー!!!

シャルティア「プギャアアアアアア!!

シャルティア「何事でありんすかーーーー!」

シャルティア「私とアインズ様と私のタイアップを邪魔する者はゆるさないでありんす!!」


シャルティア「って!!!!!言うか見たこともないでかい魔物がいるでありんすーー!!!」


シャルティア「何でありんすか!!!あの魔物!蜘蛛!!???」

シャルティア「見たことない魔物でありんす!!OXO△XXX(←驚きすぎて言葉になっていないご様子・・・・)」



鹿目まどか「あれは委員長の魔女だね!」

シャルティア「魔女とは何でありんすか?初めて聞くでありんす!」

鹿目まどか「えっとね、魔女と言うのは呪いを撒き散らす存在で魔女に目をつけられたプレイヤーの方は魔女の口づけという模様を付けられて呪われちゃうの・・・」

シャルティア「そいで呪いとはどういうのでありんすか?」


鹿目まどか「呪いはプレイヤーから幸運を吸い取っちゃうから例えば箱を開けたときに同じアバターが連続で出たり・・」

鹿目まどか「良いのが出ずに絶望を味わう可能性が高まっちゃうの・・・」

シャルティア「それは私とアインズ様のタイアップを壊されるでありんすよ!!」

鹿目まどか「他にも口付けを受けたままでいるとレア率が半分以下に下げられちゃったり・・まったくレアが出てこなくなっちゃて来ちゃったり・・」

鹿目まどか「狩場の事故死率も上昇しちゃうの・・・」

シャルティア「そのような存在はほおってはいけないでありんすね!まどか嬢さん!私と協力してあの魔女倒すでありんす!」

鹿目まどか「うん!私は初めからそのつもりだよ♪一緒に魔女を倒そうシャルティアちゃん!」

シャルティア「接近戦は私に任せるでありんす!アインズ様のタイアップを邪魔する存在はこのシャルティアが成敗するでありんす!」

そして会話している間に委員長の魔女が使い魔を出してきた・・!



2015112509.jpg

シャルティア「私の力を見せてあげるでありんすーーー!オーバーロードとのタイアップは私が守るでありんすー!」

2015112510.jpg


ものすごい速さでクラスメイトを蹴散らした!

2015112511.jpg

委員長の魔女が反撃してきて

シャルティアは避けようとしたけど間に合わない・・・

シャルティア「しまったでありんす!避けられない!!」


鹿目まどか「させないよ!!!」

2015112512.jpg

鹿目まどか「光よ!!貫け!!」


委員長の魔女の使い魔を一本光の矢で粉砕!

シャルティア「助かった・・・・感謝するでありんすまどか姫さん!」

2015112508-1.jpg



シャルティア「そいであの結界の中にいる魔女はどうやって倒せば良いでありんすか!?」
鹿目まどか「う~ん」

鹿目まどか「結界の中に入って魔女を討伐するのが普通のなんだけど・・・」

鹿目まどか「魔女を倒すのは魔法少女の使命だから」

鹿目まどか「これ以上魔法少女じゃないシャルティアちゃんを巻き込むわけにはいかないから」

鹿目まどか「私一人で入るにも魔女に逃げられちゃう可能性もあって、魔女に勝てずに殺されちゃうこともあるかもしれないし」


鹿目まどか「今の状態で結界に入るのはすごく危険なの・・・」

シャルティア「そいでどうやって倒すでありんすか!手段がないでありんす!」

鹿目まどか「大丈夫!魔女は倒せなくても結界を壊して追い払う事くらいはできるかもしれない・・・!」

シャルティア「何か手立てがあるでありんすか!」


2015112513.jpg


鹿目まどか「私は魔法少女だからみんなの事を守らないといけないからこの一撃に全てをかけるね・・・」


鹿目まどか「みんなの希望は私は守る!!」


2015112514.jpg


鹿目まどか「必殺!!!!!!!まどかの魔法!!!」

2015112515.jpg


鹿目まどか「お願い!!!」



2015112516_20151126171310bc8.jpg

鹿目まどか「みんなを守って!!!!!!!!」

2015112517_20151126171311a3b.jpg



上空に巨大な魔方陣が現れたこれはまさか・・・・・・・

2015112518_201511261713131ab.jpg





そのまさか!!!だったーーーーーーーー!!!

2015112519_20151126171314b1e.jpg



街を壊す気かーーーーーー!!!!


光の矢が空より降り注いでくる・・・・

これは・・・・


ナルビクorナルフリ・・・


が絶対絶命ーーーーーーー!!!


ものすごい光の矢の雨がナルビク全体に降り注ぐ!!!


そして・・・

遠くの方で・・・

アイン○「グオオオオオオオオオオ!!!何故我の所にも振ってくるのだーーーー!!」

と言う悲鳴が聞こえてくる・・・

2015112520.jpg



シャルティア「何がおきたでありんすかーーーーーーー!!!」

シャルティア「アインズ様ーーーーーーー!!!無事でありんすかーーーーーー!!」



魔法の矢を避けながら遠のいていく・・シャルティア・・・


そして委員長の魔女は逃げ出してしまって・・・

残った結界は光の矢に撃たれて消滅!!


遠くの方でアインズが巻き込まれたという事は・・・・・・・・・・

ショッピングを楽しんでいるマミさんは無事なのであろうか・・・・


そして遠くから・・・




???「あ~~~~!!!!!私のお気に入りのスカート!!!がボロボロになっちゃったわーーー!!」

2015112526-3.jpg


???「これは!!鹿目さんの光の矢!!!いったい何が起きてるのーーー!!!」

???「って!!!!!キャアアアアアアア!!!!」


という悲鳴も聞こえてきた・・・

そして・・

???「あーーーーーーーーーー!!私のお気に入りの!まどか盗撮写真集が!!!!!!!!!!」



???「あーーーーー!!!まどか盗撮写真集プレミアがーーーーーーーー!!」


???「ってまだ降り続くの!!!」


???「イッヤアアアアアアアアアアアア!!!」


さらに被害者が・・・

2015112526.jpg


????「まってろよ!!!さやかーーーーーーーーーー!」

2015112526-1.jpg



????「ちきしょーーー!!!さやかの使い魔を追跡していたら使い魔が光の矢でしんじまった!!!」


????「ちくしょーーーー!さやかあああああああああ!!!!!」


????「絶対に私一人だけでもお前を助けてやるからな・・・・」


????「お前がいない生活には耐えられねぇよ・・・」


遠くの方で杏子ちゃんの声も聞こえてくる・・・


そしてそこの場所から・・・

2015112526-2.jpg



????「ん?」

上を見た杏子ちゃん・・


2015112526-4.jpg


????「ってギャアアアアアアアアアア!!!」

目を丸くした杏子ちゃん・・・


そして・・


杏子ちゃんらしき声は泣きながら悲鳴に変わっていった・・・・

そして・・・

2015112526-3.jpg


シャルティア「アインズ様見つけたでありんすーーーー!!」


シャルティア「何で空を飛んでいるでありんすかーーーー!!」


シャルティア「どうやってそのような魔法を覚えたんでありんすかーーー!」


シャルティア「お答え下さいませーー!アインズ様ーーーーーーー!!!」


アインズ「ぐううおおおおおおおおおおおお!」


アインズ「私はただ飛んでるのではない!!飛ばされているだけだー!!!」


アインズ「早く我を助けよーーーーーー!」


アインズ「ぐおおおおおおおおおおおおお」


シャルティア「アインズ様ーーー!何を言ってるかさっぱり分からないでありんすー!そんなことより私の質問におこたえくださいー!」



など・・・ナルビクは・・・


恐怖の時間へと変わり・・・


一発一発が結界を数発で壊してしまうほどのほどの威力・・・


ナルビク全体は・・・・

希望と言う名の絶望に変わった瞬間であった・・・・


一部のプレイヤーは矢に当たって宙を舞い・・・・・


露店も崩壊ほぼ壊滅状態・・・・・・・

あの・・・

魔女の方が優しかったと思ったのは私だけかな・・・?


そしてボロボロになったマミさんが・・かけよってきた・・


2015112521.jpg

ショッピングしてたはずなのに・・・


手持ちにもっていない・・・


2015112522.jpg

巴マミ「一体何が起きたの!!!私ショッピングして服を見て購入しようと思っていたらその服が目の前で塵となって」

巴マミ「上を見上げたら物凄い数の矢が降ってきて!!!ギリギリの所で避けて逃げて!!!死に掛けたわよ!!!」



鹿目まどか「ごめんマミさん・・・委員長の魔女が来てて・・・結界を破壊する方法がこれしかないと思って・・・ちょっと力を入れすぎちゃって・・・」


巴マミ「なるほど・・・それでナルビク全域に光の矢が降り注いだのね・・・・」


巴マミ「私は見えていたから服がボロボロになったくらいですんだけど・・・アインズさんは巻き込まれて鳥のように空を飛んでいたわよ!!!」


巴マミ「鹿目さん!あせるのは分かるけど今度からは気をつけてね・・・!」




そして・・

2015112523.jpg



まどかはマミさんと露店でお話をしていたらしい!!


その頃・・・

2015112526-5.jpg


ほむら嬢「せっかくの・・・まどかのプレミアム写真集が・・・(シクシク」


私は・・・泣いて動けなかった・・・




そしてここでお話が!


私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村





さて・・・話は戻りましてー

お決まり!!本日のまどか!


11月25日まどか



生き残った写真!!!!

追いかけっこして喜んでるまどかでしたーーー!



そして!!ランダムターゲっトはこの人!!!!


hotarunnwo見る



ほたるんでーーす!



さて・・・今日の日記はここまで!


よーーーし!!!


では!!!


TWの世界にリンクスターート!!!
2015_11
26
(Thu)00:57

ご報告ー!

時間になってしまい・・・・・


編集が間に合わないため!!!


まだ日記編集が終わっていません!



今日の夕方に再度編集しますので!!!



予告としては・・・・・・・


アインズ様また飛ぶかも??


なので!!!


また見に来てくださいねー!

ついでに・・・

私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村





ではお休みなさい~ノ
2015_11
25
(Wed)00:43

巴マミによる!魔法少女達の勉強会で!ティルズウィーバー新着情報を!載せちゃいますよーノ

今日も狩りせずにぼーーーっとしてた私(ぇ

そして!魔女狩り退治に力を入れていると!

20151124220412444[1]

使い魔発見ー!

ただちに討伐!!!

さらに使い魔を発見!

しようとしたら・・・遠くから・・・


「今日も頑張るでありんすーーー!」

と言う声が近づいてきて・・・・

201511242204121f3[1]

シャルティア「私とアインズ様のタイアップを邪魔しないでほしいでありんすー!」

佐倉杏子「へー・・やるじゃないか・・・なかなかいい動きしてるじゃねぇか・・・」

2015112422040598c[1]

シャルティア「私とアインズ様の邪魔する魔物は覚悟でありんすーーー!」

うん・・・

最近のシャルティアちゃんはすごい燃えていますね・・・・

私も頑張らないと・・・


シャルティア「次いくでありんすーーーーー!アインズ様ーー!このシャルティア頑張ってるでありんすよーー!」

と叫びながら・・・

気が付いたら姿がなく声が遠くから聞こえていた・・・



その後杏子ちゃんが


佐倉杏子「ほむらちょっと出かけてくるな!」

と言ってどっかに行ってしまった・・・・・

まさか杏子ちゃん無茶しなきゃいいんだけど・・・


そして!!マミ&まどかペアー!

まずは!クラドで使い魔発見!!

2015112402.jpg

直ちに討伐!

2015112403.jpg

討伐!!

そして!!!村に移動!!!すると・・・・・・


巡回中の美国織莉子キターーー!!

2015112401.jpg

マミさんが即討伐!!!

2015112400.jpg

プレイヤーに隠れるもマミさんによって追撃!!

その後杏子ちゃんも戻ってきてみんなでお話タイム~!

2015112404.jpg


マミさんが外出していたらしく始めは三人で店番!

そして外出していた!マミさんが帰宅!

2015112405.jpg

巴マミ「今帰ったわよ~!」

三人「お帰りなさい♪」



2015112406.jpg


巴マミ「ティルズウィーバーの今後の新着情報を見つけてきたわよ♪」

三人「おーーー!」

では此処から!!!

2015112410.jpg



巴マミ「ティルズウィーバーの最新情報が分かったからみんなにお伝えするわね♪」


巴マミ「まずはPETに関する新着をお伝えするわ♪」

巴マミ「まず①つ目ペットのレベル別スキルが改善/改変されるみたいよ♪」

佐倉杏子「へ~そうなのか」

巴マミ「②つ目 自動取得スキルOn/Off機能が追加されるそうよ♪」

佐倉杏子「それ便利だなー」

鹿目まどか「うん!そうだね♪」

巴マミ「③つ目 ペットの移動の改善!ペットがキャラクターを追いかけて来ない現象が改善されるらしいわよ♪」

鹿目まどか「時々PETが行方異不明になって探すの大変だったから嬉しい改善かも♪」

巴マミ「④つ目 ペット自動保管!ペットを連れて入場することができないマップでペットが自動的に保管されるらしいわよ♪」

暁美ほむら「今までPET保管庫にいかないといけなかったからけっこういい改善だね!」

巴マミ「⑤つ目 ペット栄養おやつ無料化 になるらしいわよ♪」

佐倉杏子「へ~そうなんだ・・これでPETの管理楽になるな!」

巴マミ「⑥つ目 孵化中に栄養度条件緩和になるらしいわよ♪」

暁美ほむら「それは助かる・・・・」

巴マミ「⑦つ目 ペットの染色剤のプレビュー機能をサポートしてくれるらしわよ♪」

鹿目まどか「いっぱいPETがオシャレできるようになるのかな?」

巴マミ「以上PET分野の新着情報はこう書いてあるわね♪」



2015112411.jpg



巴マミ「次はみんなにクラブについての新着情報をお教えるわね♪」


巴マミ「 ①つ目クラブ人数が最大100人まで加入できるようになるみたいね~♪」

佐倉杏子「へー」

鹿目まどか「これでプレイヤー絆が広まって、TWが賑やかになると良いね♪」


巴マミ「②つ目クラブ員が一緒にすることができるコンテンツを追加 されるみたいよ♪」

暁美ほむら「私の動かすキャラはソロクラブに主にいるからねぇ・・・」

佐倉杏子「クラブか・・・・あいつと一緒にクラブコンテンツやりたかったな・・さやか・・・」

巴マミ「③っ目クラブマークを追加 されるみたいよ♪」

鹿目まどか「どんなマークが来るんだろうね♪私は自分のソロクラブにいるからあまり影響がないかもしれないけどちょっと気になっちゃうかも!」

巴マミ「④クラブ長の権限の委任を改善 されるらしいわよ♪」

佐倉杏子「へ~何か色々と追加されるんだな・・だけどさ、私には分からねぇや・・」

巴マミ「⑤つ目クラブのみんなのいつINしたか落ちたかが表示されるみたいよ♪」

鹿目まどか「これでマスターも整理しやすくなるね♪でも、みんな来てくれてるって分かるのは嬉しいよね!」

巴マミ「⑥つ目クラブ員接続時に通知されるらしいわよ♪」

佐倉杏子「へ~」

巴マミ「⑦つ目クラブ加入勧誘機能を追加されたらしいわね・・・いったいどんな機能なのかしら・・」

鹿目まどか「ソロクラブにいる私には関係しないと思うけど・・・勧誘しやすい環境になるのかな?」

巴マミ「⑧つ目クラブチャットウィンドウに叫ぶメッセージの表示を除去されるらしいわよ♪」

暁美ほむら「叫びで会話途切れちゃうのは良くある事だから良い改善かもしれないわね・・・」


巴マミ「載ってるのは以上になるわ♪」

2015112412.jpg

巴マミ「今私が教えたのは12月に行われる新着情報だから再度目通しておいてね♪」


佐倉杏子「ずいぶんでかいアップデートになるんだな・・・・・・」

暁美ほむら「主に動いてるキャラソロクラブだから入れてもらってるサブのクラブがどうなるか楽しみだね・・・!」

鹿目まどか「私のキャラは何処のクラブにも入ってないからクラブについてよく分からないけどマスターさんがいろいろと忙しくなりそうかも・・・・」


巴マミ「私も何処か入れてもらおうかしら・・・」

佐倉杏子「いや・・マミはその前にプレイヤーに見えないじゃねぇか・・・」

巴マミ「あらそうだったわね♪」

巴マミ「暁美さんと鹿目さんは皆に見えるからメインをアプデを機会に何処かのクラブに移してみてはどうかしら?」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・メインは・・・・・・・・NOコメントで・・・・・・」

鹿目まどか「私はどうしようかなぁでも今のソロクラブで満足してるから今は考えてないなぁ・・・」

巴マミ「あら・・そうだったわね♪」

巴マミ「暁美さんのサブはともかく・・・・・鹿目さんはメインもサブも「ひかりふる」から長い間出てないわよね♪」

鹿目まどか「えっと・・私ね、今のソロクラブが凄く落ち着くの♪」

巴マミ「ではティルズウィーバーの最新情報を教えるのはこれくらいにしておくわ♪」

三人「はーい!」



11月24お話1


その後まーったりフレさんとお話をして~

2015112409.jpg

ぼーっとまったりして・・・

今日のTWは終わりました~♪

さてお決まりのコーナー本日のまどか!

11月24日まどか

村で一緒にぼーっとしてるまどかでした!

そしてお決まりランダムターゲットはこの人!!!

11月22日ランダム5

るりちゃんでーーすノ


今日も狩りしてない・・・

一ヶ月くらい狩りしてないような~・・

まぁ~こういうプレイも楽しいかも♪

私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村





では日記を終わります~お疲れ様ー!
2015_11
24
(Tue)00:24

シャルティア大暴走!アノマラド王様に悲劇が!そして!ブログバージョンUP!

まず初めに!

ロゼ鯖にお邪魔しましたー(テレ

11月23日ロゼ2

気が付けばもう・・・

11月23日ロゼ

100 突破ー!

ソウルリンクのおかげですね(テレ

そして!月曜ということで・・・・・

イベントいってきましたーーー!

順番は適当・・・・(ぇ

ですが撮れるだけ撮っておきましたのでばばっと載せちゃいます!

11月23日イベ1
11月23日イベ2
11月23日イベ4
11月23日イベ3
11月23日イベ8
11月23日イベ7
11月23日イベ10
11月23日イベ9
11月23日イベ5
11月23日イベ6

以上イベのボス集でした~!

そして!




アドセルに杏子ちゃんと共にいきました・・

20152324.jpg

暁美ほむら「さやかちゃんが魔女化したのはマミさんとまどかには黙っててほしいの・・」

佐倉杏子「何でだよ!友達が死んだんだぞ!!!」

暁美ほむら「あの二人が知ったら無茶な事を考えるかもしれない・・・さやかちゃんはもう助からないから・・・」

暁美ほむら「さやかちゃんの魔女と知らずにみんなに倒されるほうが・・」

暁美ほむら「さやかちゃん自身がきっと・・・望んでいるはず・・・」

暁美ほむら「真実を言わなければさやかちゃんを楽に成仏させて上げられるのよ・・・」

暁美ほむら「それこそが魔女化した彼女を助ける唯一の手段なのよ・・・」

佐倉杏子「私は絶対にさやかを助ける!まだやってみねぇと分からないだろ!さやかはまだ助かるかもしれねぇんだ!」

暁美ほむら「彼女はもう意識はない・・・・残っているのは呪いだけなの・・・・だからお願い・・私の言うとおりにして!」

暁美ほむら「あの子は友達を傷つけてしまった事を後悔しちゃった理由も含めて魔女になったのよ・・・」

暁美ほむら「さやはちゃんはきっと貴方達を傷つけず消えることを望むはずよ・・・友達なら分かるでしょ杏子ちゃん!」

佐倉杏子「くそーーー!私には何もできないのか!納得いかねぇよ!」

暁美ほむら「・・・・・・・・納得いかないのは分かってるけど杏子ちゃんにできる事はさやかちゃんを成仏させてあげる事よ!」




佐倉杏子「クソ・・・・さやか・・・何でこんなになっちまったんだ・・・助けたくても助けられないホントにすまない・・さやか私はどうしたらいいんだ・・・・


杏子ちゃんは震える声で呟きながらあの杏子ちゃんが悔しくてないていた・・・・




でも私はこの先の未来を知ってるから・・・

杏子ちゃんがさやかちゃんを守ろうとして切り殺された未来を見てるから何としても止めなくちゃいけない・・・

アドセルから消えた杏子ちゃんは・・

さやかちゃんの結界があった場所に向かった・・


20152305.jpg

佐倉杏子「さやかおまえ・・・どこいっちまったんだ・・・・」

佐倉杏子「ここにはいないという事は別の場所に移動してるんだよなそうだよなさやか・・・」

佐倉杏子「私は絶対にお前を諦めないもう一度おまえに会うまでは・・・・私が助け出してやるからな・・さやか!」


20152306.jpg

 
そして杏子ちゃんがそう言い残してさやかちゃんの結界後を去っていった

その時・・杏子ちゃんの目には涙が貯まって泣いていた・・・



一方マミ&まどか班は!

20152300.jpg

フリマで使い魔を退治して!二匹目を退治しようとしてマミさんが銃を向けたその時!!!!


20152301.jpg


シャルティア「くらうでありんすーーーーーーーー!!!」

シャルティア「何者にも私とアインズ様のタイアップの期間を邪魔させないでありんすーーー!」


マミさんの話によると銃を向けたと同時にすごい勢いで槍がとんできたらしい・・・・

そして風のように消えて言ったらしい・・・

そして・・・・

シャルティア「私とアインズ様のタイアップ邪魔する者は何者も許さないでありんすーーー!」

という声が遠ざかっていった・・・・

巴マミ「あら~・・シャルティアさん張り切っているわね・・・・」

20152302.jpg

そしてクラドの使い魔を撃破!!

20152303.jpg

撃破!!!!

20152304.jpg

さらに撃破・・・・今日は使い魔多い・・・ねぇ・・・

そして!マミ&まどか班と私と杏子ちゃんも合流し・・・


20152307.jpg

フリマで店番をしていると・・・

20152308.jpg

暁美ほむら「ちょっとキューベーショップにいってくるね~!」

20152309.jpg

三人「いってらっしゃ~い♪」

佐倉杏子「さやか・・・・今どこにいるんだ・・・・」(ボソ

そしてキューベーショップに到着!

20152310.jpg

インキュベーター「やぁ良くきてくれたね・・・やっと僕が呼ばなくても来てくれたのとても嬉しいよ暁美ほむら」

インキュベーター「昨日呼びに行った分身が美樹さやかに切られて 訳が分からないよ・・・」

インキュベーター「まぁ君が来てくれた事だし僕も頑張ったかいがあるんだよ暁美ほむら」

暁美ほむら「ごちゃごちゃ言ってないでさっさとアイテム表見せなさい頭ぶち抜くわよ?」

インキュベーター「ホント君たちは訳が分からないよ!」


20152312.jpg

アイテムを私は・・・・

王様と王女様を購入することにした・・・・


そしてキューベーが

インキュベーター「王様と王女様を購入するという事でいいのかい?」

暁美ほむら「ええ・・・そうよ~さっさと売らないと頭ぶち抜くわよ?」


インキュベーター「どうして君は僕を敵意するんだい?訳が分からないよ・・・それよりもカードの説明を説明をするよ」

インキュベーター「この王様と王女様のカードに関しては今現在にいる王様を償還するものであって」

インキュベーター「何度も何度も連続で出すことができたとしても同じ王様が行き来するだけになってしまうんだよ」

インキュベーター「それはすなわちカードの無駄な消費を意味するから覚えておいてほしいんだ」


暁美ほむら「ええ、分かったわ一度ぶつけて飛んでいったとしたら・・・・また召喚してぶつけられるのね・・・」

インキュベーター「まぁそういう事になるね!カードの個数の続く限りだけどね暁美ほむら」

インキュベーター「ただし王様は生身の人間だから扱いには注意するんだよ?」

暁美ほむら「ええ、分かった・・・効率よく投げさせてもらおう・・・」

インキュベーター「他に欲しいものないかい?」

暁美ほむら「特にないね・・・・」


そういうって・・・

さっそくカードの効果を見ようと一人でパトロール開始!


20152314.jpg


そしてカウルに傷を癒している美国を発見・・・・

このまま傷を癒させるわけにはいけない・・・

20152315.jpg


時間停止開始!!!


20152316.jpg

暁美ほむら「早速このカードを使わせてもらう・・・・」

20152317.jpg



カード効果発動!!!

王様セットアップ!!!!



レリース!!!

20152318.jpg


レリースといったと同時に・・・

王様「はよ!世に!こーひぃ・・・・・・」

王様「ナンじゃこれはあーーーーーーーーーー!!!」


そして遠くの方から何かが近づいてくる声が・・・


シャルティア「オーバーロードのタイアップは私がまもるでありんすーーーー!!



20152318-1.jpg

疾風のごとくシャルティアが声を上げながら!!!

王様と美国を蹴散らした!!


王様「ギャアアアアアア」
美国「OXO△XX△XXXO」



そのままシャルティアは・・・

シャルティア「私とアインズ様のオーバーロードのタイアップは誰にも邪魔させないでありんすー!

と言う声共に疾風のごとく去っていった・・・・



20152318-2.jpg

シャルティア「アインズ様と私の時間は誰にも邪魔させないでありんすー!」

と言う声がだんだんと遠のいてる中・・・

飛ばされたあの二人は一体どこにいったのか・・・

姿が見当たらない・・・

20152318-3.jpg

王様「ぶくくぶく・・・・ぶくうっく」

解釈(世は王城に居たはずなのだか・・・・一体何が起きたというのだ・・・)

王様「ぶくぶうううく・・・・・」

解釈(早く世を助けよーー!)


何だったんだろう今の・・・・・・・一瞬だったのでよく分からない・・・・・・

一体何が?

ぶつかった二人が消えた・・・

これがカードのホントの力だったのか・・・・・


その頃まどか&マミ&杏子は!

20152323.jpg

鹿目まどか「杏子ちゃんどうしたの?さっきから泣きそうな顔してるけど・・・何かあったの?」

佐倉杏子「なんでもねぇよ・・・まどかが気にする事じゃねぇよ・・・」

鹿目まどか「そうには見えないけど・・・・本当に大丈夫なの?何か私まで悲しくなってきちゃう・・・見てられないよ杏子ちゃんのそんな姿・・・」

佐倉杏子「なぁまどか・・・・・・」

鹿目まどか「ん?どうしたの杏子ちゃん?」

佐倉杏子「なぁまどかもしだけどさ・・・大事な・・・人に強がって本当の気持を伝えないまま助からないと分かった時まどかならどうするんだ?」

鹿目まどか「それはすごく辛い事だよね・・・もし私がそんな場面に出くわしちゃったらずっと泣き続けておかしくなっちゃうかもしれない・・・」

鹿目まどか「えっと・・・そういえば杏子ちゃん・・・どうしてそんな事聞くの?」

佐倉杏子「何でもねぇよ・・・ただ聞いてみたかっただけだ深い意味はねぇよ・・・」

巴マミ「杏子さんさっきから変よ?どうしたの?」

佐倉杏子「何言ってんだよ私は普通だよ!なんともねぇよ・・!」

鹿目まどか「杏子ちゃん・・・・・一体どうしちゃったんだろう・・・」

巴マミ「こういう時はそっとしておいてあげるのことが私たちができる事ね・・・」

鹿目まどか「そうだね・・・杏子ちゃん早く元気になってくれたらいいな・・・」


20152326.jpg

佐倉杏子「なぁ・・・マミまどか・・・・魔法少女は痛み感じないはずなんだよな・・・」

佐倉杏子「何か頭がいてぇよ・・・熱いんだよ・・ちきしょう・・・・・」


杏子ちゃんは・・・・・

一人空を見上げ泣いていた・・・・・


マミとまどかはそれをずっと見守っていた・・・・


佐倉杏子「ちくしょう・・・・さやかお前は何をやってるんだ・・・・私はまたお前に会いたい・・・・またお前と喧嘩したりねぇんだよ・・・」

佐倉杏子「ちきしょう・・・・・・・・」


泣きながら歯を食いしばる杏子ちゃん・・・・・

佐倉杏子「こんな姿をマミやまどかに見せたらプライドが崩れちまう・・・・早く戻ってきてくれ・・・さやか・・・またやり合おうぜ・・・」


そして一日が過ぎ・・・・

少しして日が昇り・・・

まどかのお店のアイテムが売れたらしくこのお金を使って考えるまどか・・・

20152325.jpg

鹿目まどか「このお金があれば杏子ちゃんとさやかちゃんに美味しい食べ物買ってあげられるね♪」

鹿目まどか「マミさん!さやかちゃんが戻ってきたら壮大にお茶会開こうね!私がお金出すから!」

巴マミ「いいわね~♪では美樹さんが来たときに準備を開始しましょうか♪」


佐倉杏子「あぁそうだよな・・・」


佐倉杏子「さやか・・・・絶対に私がお前を助けてやるからな・・・・・」



そして今日の一日は終わりました・・・


さて!!お決まりのコーナー本日のまどか!!

11月23日まどか

露店が売れて喜ぶまどかでしたーーー!


そして!!!お決まりランダムターゲットはこの人!!!


文字にて登場!

11月23日IA

アインズさんですーー!


今日は・・・・・・

いろいろありましたねぇ・・・

うん・・・最近全然狩りしてないねぇ~・・・まっいっか・・・

そして!


私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村




では今日の日記はこれまで!!!!



ではお疲れ様~!

2015_11
23
(Mon)00:10

明かされた真実(魔法少女の運命)

まずは・・・・


私のパトロールからお話しましょう~!

今日はさやかちゃんと杏子ちゃんと・・・

あれ?いつの間にか居なくなっちゃった・・・・

なので・・・一人でパトロール開始!!

すると初めから・・


11月22日イベ3

呉キリカイターーーーーーーーー!!

プレイヤーさんの中に入ったため・・・・


攻撃することができず・・・・

一人になるのを待っていると・・・

す・る・と

11月22日お話12

フレさんたちもイベントするようで!!

お話をしていました~(テレ


気が付けば・・・・

呉キリカがいなーーい!

探してみると・・・・

まどかを探すのに必死で私に気が付かない呉キリカ・・・

フリマでウロウロしている・・・・そして!

11月22日魔女4

また逃走!!

探し回ると・・・

11月22日魔女3


今度はネニャ!!!!

その後逃走計られました・・・・・・・・・・・・・・・・

呉キリカが動いてるってことは美国も動いてるという事よね・・・一体どこに・・・



ここから先は少しネタばれになる可能性があるので!!

ネタばれをしたくない方は見なくても良いですよー!

TW版になって私たちなりにアレンジしましたので全ては原作どうりではありませんが・・・・



ネタバレいやな方専用でやる気スイッチを置いておきます!

見に来てくれてありがとうございます(ペコ

みなさんの期待に頑張れるように頑張って書きますので明日も見に来てくださいね!




にほんブログ村


ネタばれしていい方又は知っている方は下にスクロールして是非まったりと見ていってくださいね!




























































そのころさやかちゃんは・・・・

2015112200.jpg


美国がいたのでそのままさやかちゃんは美国を追撃して説得を試みた!


美樹さやか「やっと追い詰めたわ美国織莉子!」

美国「何故貴方達はあのような危険な人間を生かそうとするの?」

美樹さやか「まどかはまどか!そんな危険な事するような人じゃないよあんたと違ってね・・」

美国「それはどうかしら?あの鹿目まどかは誰も倒せない魔女となりこの世界が滅ぶのよ、だから生きていてはいけない存在してはいけない人間なのよ」

美樹さやか「魔女とかマジ意味わかんないんだけど、魔女は呪いでできた存在でしょ?まどかをそんなのと一緒にしないで!」


美国「貴方は知らないのかしら?魔法少女の成れの果てを・・・魔法少女の真の姿を・・・」

美樹さやか「真の姿?何のことよ?私たちはこの町を守る為に必死に戦うために魔法少女になったのよ!」

美国「やはり貴方達は魔法少女の本当の意味を理解できてないようだね、いいわ教えてあげる」

美樹さやか「一体何を言っているの?私をからかってるの?まどかを殺すために」

美国「何とでもいいなさい、貴方はソウルジェムは一体どんなのかしっているのかしら?」

美樹さやか「ソウルジェムはソウルジェムでしょ?魔法少女になるための必要な道具でしょう!」

美国「ソウルジェムは貴方の魂が具現化したものよ・・意味が分かるかしら?」

美国「要するに貴方の体に受ける痛みを少しでも和らげる為に魂を外に出してあるのよ」

美国「魔女との戦いで自分の体の痛みをなくす様に戦いやすいような体になっているのよ」


美樹さやか「なにそれ・・・・まるでそれ私たちゾンビみたいじゃない・・・・もう生きてる人間じゃない・・・」

美国「えぇ、そうよ貴方はもう魔法少女になった時点に体はすでに死んでいるの生きる屍とと言えば良いでしょうか」

美樹さやか「なにそれあんたの意見を信じろと言うの?」


美国「もうウスウス感づいてるんじゃないかしら?使い魔に攻撃された時に痛みを感じなかったでしょ?

美樹さやか「だ!!!だまれーー!」

美国「後一つ言い忘れていたことがあるわ、魔法少女と魔女についての関係についてね」

美国「魔法少女は祈りから産まれるけど、魔女は呪から産まれる存在よ」

美国「ようするに、貴方のそのソウルジェムが黒く染まったとき貴方は魔法少女じゃなく魔女になるそれは魔法少女になった時点で必ず魔女になるように作られているわ」

美樹さやか「黙れー!もういやだー!」

美国「要するに鹿目まどかはすでに死んでいるのよだから貴方は鹿目まどかを私に引き渡してくれればそれでいいの」

美樹さやか「まどかを受け取ったら貴方はまどかをどうするつもりなの?」

美国「もちろん殺すわ、ソウルジェムを壊してそれで粉々にして魔女の餌にするのもいいわね」


美樹さやか「もしまどかが倒れたら誰がワルプルギスの夜を相手にするの?」

美国「ワルプルギスの夜?そんなの関係ないわ私は鹿目まどかを殺せば街に戻るつもりよ」

美樹さやか「それじゃあワルプルギスの夜に街の人達が殺されていくのをあんたはどう思うの?」

美国「そんなの私には関係ない、私は鹿目まどかを殺して世界を救った名誉をもらって魔法少女狩りを続行するだけだわ」

美樹さやか「まどかと共にワルプルギスと戦うという選択肢はないの?」

美国「まどかを殺したほうが自分の身の安全を守れるしその後ワルプルギスがどうなろうと関係ないわ」

美樹さやか「あんたが最低なのはしっているけどここまで最低だったとはね」

美樹さやか「歯を食いしばりなさい美国織莉子」

2015112201.jpg

美国「貴方そんなにつよかったか美樹さやかー!」


2015112202.jpg

美樹さやか「・・・・・・・・・・・・」


2015112203.jpg

その時

巴マミ「みんなー!暁美さんの露店に集合!」


とマミさんからテレパシーが来たのでフリマに戻ることに!


2015112200-1.jpg

巴マミ「今日は暁美さんの露店付近でお茶会をしましょうか♪」

佐倉杏子「おっ良いじゃねぇかやろうぜ!」

鹿目まどか「わ~い♪」

暁美おむら「・・・・・・・・・・・・」

佐倉杏子「なぁさやかそっち向いてないで一緒にまざろうぜ?」

2015112200-2.jpg


美樹さやか「いい・・・私いらない」

巴マミ「美樹さんどうしたの?体調でも悪いの?」

美樹さやか「いや違うよ・・・こんな体じゃ美味しいもの食べても嬉しくもなんともないよ・・・」

巴マミ「もしかして・・・美樹さん誰からその話を聞いたの・・?」

美樹さやか「美国織莉子から全て聞いたよ・・・」

巴マミ&佐倉杏子「・・・・・・・・・・・・・」

巴マミ「貴方にだけはこんな真実知られたくなかったのに何てこと・・・」

鹿目まどか「?」

佐倉杏子「どうして知っちまったんだよ!」

鹿目まどか「???何かあったのマミさん杏子ちゃんさやかちゃん・・・」

美樹さやか「まどかもう私たちは魔法少女になった時点で生きた屍ゾンビになっているのよ・・・」

美樹さやか「貴方のソウルジェムは貴方の魂であって貴方の体は人形に過ぎない・・・」

鹿目まどか「そ・そんな・・・・!」

2015112200-3.jpg

インキュベーター「やぁ君達今日もQBショップに来てくれなかったけどまだ不満があるのかい?」

美樹さやか「キューベーあんたは知っていたの?」

インキュベーター「一体何の事だい?」

美樹さやか「魔法少女になったら私たちが生きた屍になるって事をよ!!!」


インキュベーター「それは僕と契約してる時点で暗黙の承認のはずだよ?」

美樹さやか「こんな体じゃ恋することもできないし魔女になる事しか残ってないじゃない!」

インキュベーター「だけど僕は君たちのほんらい起こらない奇跡を贈ってあげた代償だよ?」

遠くからこんな声が聞こえてくる・・・


シャルティア「昨日は良い勝負ができたでありんす」

アインズ「うむ、少々事件があったがなかなかいい勝負だったな」

2015112200-4.jpg


美樹さやか「きゅううべーーーーーー!!」

ズバーーーーーーーーン!


シャルティア「何事でありんすか!!!!」

アインズ「今日は練習試合所ではなさそうだな」

シャルティア「そうでありんすね」

2015112200-5.jpg

美樹さやか「ちょっと今一人にしてくれないかな?今は誰とも話したくないのよ・・・」


2015112200-6.jpg


佐倉杏子「おい!!!さやか!そういう時は私と一緒に遊びまわろうぜ!少しは気が紛れるかもしれないしさ!」

美樹さやか「黙りなさい!!!ほっといてよ!!」

鹿目まどか「さやかちゃん・・・気持は分からなくはないけど・・・杏子ちゃん心配してるんだよ?」

美樹さやか「あんたには私の気持なんて分からないでしょ・・・・まどか・・・・」

巴マミ「美樹さん落ち着いて!!ここで言い争っても意味がないわ!」

美樹さやか「マミさん何で知っていて私を魔法少女にさせたのよ!!!」

巴マミ「ごめんなさい美樹さん・・・私もつい最近その事をしったのよ・・・だから貴方を止められることができなかったの・・」

美樹さやか「ちょっと出かけてくる・・・・私を一人にしてちょうだい・・・」

そしてそのままさやかちゃんがいなくなってしまい・・・

2015112203-1 (4)


気が付いたら朝になっていた・・・

2015112203-1 (5)



巴マミ「美樹さん大丈夫かしら・・・ずっとまっていても帰ってこないわね・・・」

佐倉杏子「悪いなマミ・・アイツの事が心配でたまらねぇんだ行ってくる」

2015112203-1 (6)

そういって杏子ちゃんは走り去っていく・・・

2015112203-1 (7)

まどかからマミさんにテレパシーを送った・・・

2015112203-1 (8)

鹿目まどか「マミさん聞こえてますか?」

巴マミ「どうしたの鹿目さん急にテレパシーを送ってきて」

2015112203-1 (9)

鹿目まどか「さやかちゃんの事で何か胸騒ぎがするの・・」

巴マミ「鹿目さん私たちが美樹さんを信じてあげないとだめよ!美樹さんは大丈夫だから信じてまってあげて・・」

2015112204.jpg



その後マミとまどかは杏子ちゃんとさやかちゃんを信じて使い魔の探索に出かけた!


一方・・・

さやかちゃんは・・・・・・・・・


2015112205.jpg


美樹さやか「どうせ私なんて・・・・・・・」


佐倉杏子「おいさやかーーー!!」

2015112206.jpg

美樹さやか「あっ杏子どうしたの?ここに何のよう?一人にしてっていったじゃないの・・・」

佐倉杏子「お前の事が心配で心配で食い物も喉がとおらねぇんだよ!」

佐倉杏子「もうなっちまったことはしかたねぇんだからさ・・・うまいもんでも食って元気出そうぜさやか」

2015112207.jpg

美樹さやか「ごめん私もう駄目みたい・・・」

佐倉杏子「ん?何が駄目なんだ?仲間なんだから遠慮せずにいっぱいうまいもん食おうぜ!」

2015112208.jpg

美樹さやか「これ私のソウルジェムなんだけど・・・・もう濁っちゃった・・・もうだめみたい・・」

佐倉杏子「おい!!!そのソウルジェムってまさか!!!」

2015112209.jpg

美樹さやか「ええ、そのまさかよ・・・」

美樹さやか「私は美国に教えてもらって・・・魔法少女の真実を知って大事な友達にあたってしまった・・・」



さやか絶望

美樹さやか「私って・・・ほんと・・・・馬鹿・・・」

佐倉杏子「おい!!!しっかりしろ!おい!さやか!!!!!」


その時・・・・

さやかのソウルジェムから黒い光が放たれ・・・



2015112209-1_20151122234300fcc.jpg


さやかは魔女となった・・・・

☆このBGMを是非聞きながらブログをご覧ください!






2015112210.jpg

佐倉杏子「おいさやか!!!しっかりしろ!!!!おまえさやかなんだろ!!!しっかりしろ!!!」

2015112211.jpg

佐倉杏子「おい!!!!!!!!さやかーーーーー!!!!」


2015112212.jpg

暁美ほむら「時間は止まっているわ・・・早く今のうちに逃げましょう!」

佐倉杏子「おい!!まてよほむら!!!あそこには友達のさやかがいるんだぞ!!!

暁美ほむら「あれはもう・・・さやかちゃんではない・・・・さやかちゃんはたった今死んだのよ・・・」

佐倉杏子「私は諦めない!!!きっと元に戻る方法があるはずだ!!!」

暁美ほむら「今はとにかく逃げましょう!!!魔力が続いてる間に!!!」


2015112213.jpg


佐倉杏子「おい!!!さやかはどうするんだよ!あいつはまだ中にいるんだぞ!」

暁美ほむら「もう魔女となってしまったら・・・彼女の意識はなく・・もう呪しか残ってないの・・・何を言っても魔女には通じない・・・」

佐倉杏子「くそ!!!さやかーーーーーーーーーーー!!」






一方マミ&まどかペアーは!


2015112214.jpg

クラドではプレイヤーが多く利用するので、使い魔の動きを監視していた!

2015112215.jpg

使い魔を撃破!!!!!

2015112217.jpg

今度は人ごみにいる使い魔を同時に撃破!!!

2015112220.jpg




さらに撃破!!!

2015112221.jpg

討伐してる最中にマミさんが気が付いた・・・・

巴マミ「あら?この使い魔懐かしい感じがする・・・・」

2015112222.jpg


また使い魔を撃破!!!

そしてお決まり今日のまどか!

11月22日まどか

フリマでまったりしてるまどかでしたー!


お決まりのコーナーランダムターゲット!!!

11月22日ランダム4


エルザちゃんでーーす!!!



私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!


押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村





さて今日の日記はここまで!!!


お疲れ様ですーノ
2015_11
22
(Sun)16:43

魔法のインクリは扱いには注意しましょう・・・・byアインズ

日記更新完了!!!!


では!






まずはほむら班からお話しましょうー!


ほむら班

まずは!!!

精霊の村に使い魔発見!!!

201511212349193b7[1]

美樹さやか「最近私たちサボってサボってばかりだから今日こそしっかりやらなきゃだね!」

佐倉杏子「ようするにぶっ殺せばいんだろ?」

暁美ほむら「あ!!そこに使い魔が!」

美樹さやか&佐倉杏子「テヤーー!」

暁美ほむら「私の出番ないーーー!!」


そしてネニャにパトロール!す・る・と・・・・


ネニャにもイターーーーーーーーー!


20151121235638386[1]

美樹さやか&佐倉杏子「てやーーーー!」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・二人張り切ってるね・・・・・」


その後パトロールしてたら!


月の島にいってきました~ノ

2015112123492540f[1]

佐倉杏子「へ~ここ結構綺麗じゃねぇか」

美樹さやか「こんな事しててホントに大丈夫なの?・・・マミさんたちに本気で怒られそうで・・」

佐倉杏子「黙ってりゃわからないだろ!私たちしか知らないんだからさ」


暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・ホントこの様子でワルプルギスの夜に対抗できるのかしら・・」


佐倉杏子「まぁ何とかなるさ~ワルプル何とかが出てきたら私らがぶっ潰せば良い事じゃねぇか」

美樹さやか「まぁね♪私たちのコンビに敵なしだからね♪」

佐倉杏子「此処イソレットの家だろ?中に入れてもらおうぜ」

美樹さやか「魔法少女が見えないからって悪用ばかりしてたらダメじゃない!」

佐倉杏子「堅苦しい事言わずにとっとと入ろうぜ!」

美樹さやか「まったくあんたらわー!」

暁美ほむら「・・・・・・・・・・・・・・・」


201511212349085a2[1]

佐倉杏子「イソレットお邪魔するぜー」

美樹さやか「あ~ホントはいっちゃったよ・・・・」

暁美ほむら「不法侵入ね・・・・・」


などなど・・・

会話してたほむら班でした~!


次にまどか班!


まどか&マミ班は今日もバリバリ討伐してました~!

20151121485.jpg

ナルフリで討伐!

20151121483.jpg

20151121484.jpg


クラドで討伐!

クラドのイベント付近にて神殿モンスターが沸きプレイヤーさん目掛けてモンスターが歩き始めたので!

マミさんがこっそり買っていたカードを使うことにした・・

鹿目まどか「ここから先は行かせないよ!!お願いカード!私に力を!」

20151121482.jpg

モンスター討伐!!!


そしてナルフリに再度移動~

また使い魔が沸いていたので・・・・再度討伐!

20151121480.jpg

20151121478.jpg

そしてある程度討伐したので!

20151121481.jpg


いったん休憩に入り~

討伐は私の使い魔にたくし


マミさんとまどかペアーはレア狩りをしに・・・・


2015112101.jpg

神殿に向かいましたー!


2015112102.jpg

そして・・・・レアが・・・・・・・・!!!

その後ナルフリで休憩に入り

2015112103.jpg


まったり~~していると・・・・

2015112104.jpg



インキュベーター「僕のお店に僕が呼ばないと誰も来てくれないのが現実なんだよ」

インキュベーター「僕が巴マミに聞いたらチケットが高すぎると意見を聞いてチケットを安くしたから僕のお店に来て欲しいんだ」

巴マミ「では行きましょうか鹿目さん♪」

鹿目まどか「はい!いきましょうか♪」

インキュベーター「では僕にいつもどうり付いて来てくれるかい?」

二人「は~い♪」


QBショップに到着!

2015112105.jpg


鹿目まどか「いったいどんな品が揃っているの?」

インキュベーター「ではさっそく見て欲しいだけど鹿目まどか」



2015112106.jpg

鹿目まどか「すごく安くしてくれたみたいだねぇこれなら気軽に買えそうだね♪」


そしてまどか&マミが相談した結果・・・

魔法のインクリを買うことにしたそうです~!

鹿目まどか「じゃあコレとコレを買わせてもらうね♪またねキューベー♪」



その後フリマに戻りいきなりマミさんが・・・

2015112108.jpg

巴マミ「昨日呼んだシャルティアさんが訓練の相手になってくれるみたいだから此処で待ち合わせしてるの♪」

鹿目まどか「あぁあの時の人が来てくれるんだね!お友達になれたらいいなぁ♪」

そして遠くのほうから

??????「・・・・・・ありんす」
????「うむ・・・・・・・」


と言う話し声が・・・

2015112109.jpg

シャルティア「お待たせでありんす」

2015112110.jpg


アインズ「シャルティアと魔法少女の練習試合か異世界の者どうし戦うのも興味深いな」

シャルティア「アインズ様は見学で来てくれたでありんす」

巴マミ「危ないから鹿目さんとアインズさんは角から見ていてくださいね♪」

鹿目まどか「マミさん頑張って~♪」

アインズ「うむ分かった・・・」



鹿目まどか「練習試合ースタート!」

2015112111.jpg

シャルティア「いくでありんすー!」

巴マミ「何処からでも掛かってきなさい!」

そう言った瞬間シャルティアの姿が消えかけもの凄い勢いでマミさんに突撃!

2015112112.jpg

もの凄い勢いでマミさんに攻撃!人間離れしたスピードがマミさんを襲う!

巴マミ「その程度じゃ私を倒せないわよ♪」

シャルティア「もらったでありんす!!!」

2015112113.jpg

巴マミ「おしかったわねシャルティアさん♪貴方の後ろはがら空きよ♪」

2015112114_20151122001438592.jpg

シャルティア「しまったでありんす!!」

2015112114-1.jpg

マミさんの攻撃をすごい速さで回避!!!


2015112115.jpg

巴マミ「さすがシャルティアさんやりますね♪攻撃のスピードも完璧!」

シャルティア「マミさんもなかなかやるでありんす」


その時後ろから新たな戦いが始まった・・・

美国織莉子「鹿目まどか覚悟ーーー!」

鹿目まどか「キャーーーーーーー!!!」

アインズ「ん?お嬢ちゃん大丈夫か!」



2015112116.jpg

アインズ「我が部下のシャルティアの訓練を妨害しようとするとはお主命がほしくないのだな」

一方 マミ組みは!

シャルティア「でも・・・私の攻撃をあそこまで華麗にかわされたのは初めてでありんす貴方は何者でありんすか!」

巴マミ「私はTWの世界を守るクインテットのリーダーよ♪」

↑(試合に夢中で後ろで大変な事が起きてるのが気が付いていないご様子・・・)


一歩後ろは・・・・

美国「貴方に用はないわ・・その後ろにいるやつを私に引き渡しなさい!」

アインズ「そうはいかんな、貴様は罪もないこの子を殺そうとしているのであろう」

アインズ「使い魔を引き連れてこの子を殺そうとしているその姿は魔物と同じだ」

アインズ「罪をないこの子を殺すのであれば我もようしゃせん」

美国「こうなったら力ずくで鹿目まどかを引き釣り出してくれるわ」

アインズ「させぬ!」

アインズが手を挙げたらいきなり大きな闇が・・・・・・


2015112117.jpg

美国「何だこの黒い闇の力は!!

2015112118.jpg

アインズ「くらえ我が即死魔法を受けてみよ!!」

美国「ギャアアアアア」


一方マミ組みは真剣に試合をしていた・・・!

2015112119.jpg

シャルティア「そこでありんす!!!」

2015112120.jpg

巴マミ「おしかったわね♪貴方の動きは読めていたわよ♪」

シャルティア「そんな!!私の攻撃が受け止められたでありんす!」


シャルティア「そいでその小さな銃で私の攻撃を何処まで防げるかやってみるでありんす」

巴マミ「そうねぇ♪あまり長くは持ちそうにないわね・・」

シャルティア「ならばこれで終わりでありんす!」

2015112121.jpg

その攻撃をマミさんは華麗に回避!!!!

巴マミ「ふぅ危なかったわね♪さすがシャルティアさん!スピードもパワーも予想以上ね♪」

巴マミ「なら私は取っておきの秘密兵器を使わせてもらうわよ?♪」


2015112122.jpg

そして・・・・マミさんがあの禁断のインクリスクロールをセット!!!!

シャルティア「それ!見たことありんす!いったい何をする気でありんすか!」

巴マミ「シャルティアさん♪それは当たってからのお楽しみ♪」


2015112124.jpg

巴マミ「受けてみなさい!!!」

シャルティア「何かよく分からないから避けるでありんす!!」


2015112125.jpg

シャルティア「すきだらけでありんすよ!」

もの凄い速さで突っ込むシャルティア!!!

そしてマミさんは華麗に交わす!

そしてシャルティアが何かを準備し始めマミさんは様子を見るため勢い良くバックした!


2015112126.jpg


アインズ「ん?何か我に飛んできたぞ?見覚えがある・・・・」

2015112127.jpg


アインズ「ってうおおおおおおおおおおおおおおお」

アインズ「まさかあの時の恐怖の箱だったかーー!」

鹿目まどか「ふぇ!どどどどどうしよう!」

アインズ「誰でもいいから我を助けよー!」

鹿目まどか「キャンセルボタンを押せば何とか救えるかもしれない!」


一方その光景を気が付いていないマミ&シャルティアコンビは・・・

シャルティア「この一撃で決めるでありんす!」

2015112128.jpg

シャルティア「覚悟するでありんす!!」

巴マミ「来るなら来なさい!私も簡単にはやられないわよ♪」


一方後ろコンビが

鹿目まどか「アインズさん!今助けるからまって・・・・・って・・・・・あれ?」

シェルティア「覚悟するでありんすーーー!」

すごい勢いで・・・・

シャルティアがエネルギーの槍をマミさんに投げつけ攻撃!

そしてマミさんはすかさず回避!

回避された槍はそのまま飛んでいき・・・

そのままOKボタンに向けて飛んでいった・・

鹿目まどか「ちょっとまってーーー!アインズさんが中にいるよーーー!」

まどかの訴えも真剣勝負の二人には届かず


2015112130.jpg


ドゴーーーン!!!

アインズ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

鹿目まどか「キャアアアアアアア」


アインズはインクリされてしまった様子・・・・


シャルティア「なかなかやるでありんすね!」

2015112132.jpg

巴マミ「これは避けれるかしら~!」

2015112133.jpg

インクリが光りながらシャルティアの元に・・・・・



2015112135.jpg

シャルティア「二度は同じ手は効かないでありんす!!!」


魔法のインクリをシャルティアが打ち返したーーーー!

そして打ち返されたインクリは・・・・・・

まどかに向かって飛んでいったーーーーーーーーーーーーーーー!!





2015112136.jpg

鹿目まどか「あれ?何か飛んできた・・・・・・」

2015112137.jpg

インクルウーーーリセットUP!!!!!!!!!!!

2015112138.jpg


鹿目まどか「え!!ちょっと!!!なにこれ!!動けない!!」

一方後ろでとんでもない事が起きてる事も知らず戦ってる二人は・・・

シャルティア「今度こそくらうでありんす!」

巴マミ「さぁ何処からでもかかって来なさい♪」

鹿目まどか「ちょっと待ってー!!!かかってきちゃだめだよ!!私インクリされちゃうよー!」

シャルティア「いくでありんすよーーー!」


カチャ 

巴マミ「何度やっても同じ事よ?次こそ勝負を決めてあげるわ♪」

シャルティア「しまったでありんす!!」



2015112139.jpg



鹿目まどか「キャアアアアアアアアアアア」


2015112140.jpg

鹿目まどか「キャアアアアアアアアアアアアアアア」←遠ざかっていく声・・


シャルティア「あれ??何か文字が目の前に出てるでありんす・・・」



2015112141.jpg

巴マミ「あれ?鹿目さんとアインズさんは?どこいったのかしら・・・」

シャルティア「まさか!!!!!!アインズ様!私ではなく鹿目まどかさんとつきあってるでありんすか!!!」

巴マミ「いいんじゃない?二人でお散歩も♪」

シャルティア「アインズ様は私のでありんすーーー!」


2015112142.jpg

シャルティア「アインズ様ー!シャルティアを忘れないで下さいませー!!!アインズ様ーーー!」


2015112143.jpg


巴マミ「あれ?あそこにいるのは鹿目さん!!!」

シャルティア「アインズ様ーー!このシャルティアを忘れないでほしいでありんすーー!」←遠ざかっていく声



2015112144.jpg

巴マミ「一体誰にやられたの!!!!!まさか!!!戦ってる時に美国がきたの!お願い鹿目さん目を覚まして!!」


鹿目まどか「あぁマミさんだ・・・・」

巴マミ「鹿目さん!!何かあったの!!誰に襲われたの!!!」

鹿目まどか「・・・・・・・・・・・・・」

巴マミ「鹿目さんどうしたのかしら?私の顔をじっと見つめて・・・・・」


鹿目まどか「ううん・・・何でもないよ♪それよりもマミさんいい勝負してたよね♪かっこよかったよ♪」

巴マミ「あらそぉ♪ありがとう鹿目さん!鹿目さんに言われると照れちゃうわ♪さぁ回復しましょう!」



そしてまどかは軽い睡眠をとり無事回復!

2015112145.jpg

みんなでお茶会をしましたーーー!


シャルティアさんたちと別れた後に!



久々にミラちゃんにccしましたーー!


11月21日お話1

みんな元気そうでよかったです(テレ


そしてTWは終わりました♪

お決まりのコーナー本日のまどか!!


11月20日お話5


ネニャでぼーっとしてるまどかでした!


そして!!!本人のご要望によりランダムターゲットは!!!!!!!

私が気分でIAしたので!!!

11月21日IA

この傘を使って・・・・・・・・

2015112146.jpg

アインズさんと!!!!!!


イチャイチャしてる!!!!

2015112147.jpg


ほたるんでしたーーー!


後ろで怒ってるシャルティアさんは気にしない・・・・・・


私達姉妹のやる気スイッチです!

もしよろしければ押してください!

押して頂けたらやる気にも繋がりますので是非お願いします!



にほんブログ村



さて今日の日記はこれまで!!!!



さて!!!!!TWの世界に

リンクスターート!!!!!